えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

新劇の分類
しんげきのぶんるい
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集23」 岩波書店
1990(平成2)年12月7日
初出「東京朝日新聞」1937(昭和12)年5月11日
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2009-12-08 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 近頃一部の演劇評論家の間に、「進歩的演劇」といふ言葉が使はれてゐる。これには勿論特別な意味を含ませてあるのであつて、僕たちの書くものはその部類にははひらないらしい。別に入れてもらはなくてもいゝが、そんな勝手な名前をどんな演劇が独占してゐるかといふと、旧左翼系のイデオロギイをちよつぴり臭はせたもの、即ち社会主義的問題劇なのである。
          ×
 嘗ては「前衛劇」といふ言葉がプロレタリア劇の代名詞であつた。日本だけで(或はロシアもさうかも知れぬが)そんな勝手な言葉の使ひ方をするのは甚だ困るのであつて、芸術の領域に於て「アヴアン・ギヤルド」の運動と云へば、断るまでもなく、既成陣営からのいろいろな面での離反、突出、先行を指すのである。
          ×
 現在わが国が当面してゐるやうな情勢では反資本主義的思想の争闘的ポーズのみを「進歩的」なりと称することは、著しく独善の臭ひを発散させ、少くとも新劇のあらゆる面での進歩発展に目をふさぐ結果になりはしないかと思ふ。
          ×
 これに対して、新劇のうちの「進歩的ならざる」ものを「芸術的演劇」――(芸術至上主義的演劇の略語か)と呼んでゐるのもどうかと思ふ。悪口はいくらでもいへるにしろ、芸術至上主義などといふ洒落たものが生れる時代ではないのである。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko