えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

平野義太郎宛書簡
ひらのよしたろうあてしょかん
副題05 一九三二年五月二十三日
05 せんきゅうひゃくさんじゅうにねんごがつにじゅうさんにち
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「野呂栄太郎全集 下」 新日本出版社
1994(平成6)年12月5日
入力者山田剛
校正者土屋隆
公開 / 更新2005-04-29 / 2014-09-18
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




拝復
たびたび御手紙賜わりありがたく存じます。その都度御返事申し上ぐべきところ延引仕り何とも申訳ございません。御蔭でいよいよ第一回配本を了したこと喜びと感謝にたえません。
井汲、逸見両兄の方へは督促の手紙を出しておきましたが、なお積極的に促進するや二十五頃上京して両兄に直々会って後日後れさせぬよう協力することにいたしました。
羽仁兄も丁度来られたので至急脱稿方依頼しておきました。
永らく編集方面のことを貴下方にばかり御任せして放棄しておき何とも申訳なく存じております。御蔭で大分元気を恢復しましたので、二十五日頃からはできるだけ再三上京して進行の不均等の恢復に努力いたしたいと存じます。いろいろ御相談もありますので、二十五日の午後一時から鉄塔書院で御会いいたしたいと存じますが御都合如何でございますか? 当日は山田氏、羽仁氏にも御参集を願いたいと思っていますが、山田氏はまだ痔が御悪いそうだから御願いできぬ時は、三人だけでも御相談できると何よりだと思います。大塚氏の方へも文献解説の御脱稿を御願いすると共に御案内申し上げておきます。
まずは御返事とかねて右御案内まで。
敬具
栄太郎
   五月二十三日朝
  平野様
     侍史



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko