えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

テアトル・コメディイ
テアトル・コメディイ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集21」 岩波書店
1990(平成2)年7月9日
初出「劇作 第一巻第一号」1932(昭和7)年3月1日
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2007-12-21 / 2016-05-12
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 先日、仁寿講堂で観たこの新劇団の仕事は、予て聞いてゐた通り、八分賛成でき、二分危険を感じさせるものだ。
 賛成ができる点といへば、みな熱心で、素質の優れた人が少くなく、芝居を「面白く」しようと努めてゐることがわかり、翻訳の吟味も相当に行届き、言葉のニュアンスを尊重する風が見え、ファンテジイを愛し、深刻癖に陥らず、上品な朗らかさを楽しんでゐることなどである。
 ところで、危険がもう既にそのなかにあるのだ。
 第一に、「アメデと靴磨台上の諸君」は、諸君のおやりになるものではない。これは、若い俳優のみが、若い見物に見せる芝居ではないのだ。これは、芝居を「面白く」見せようとするこの劇団の精神に反するので、さういふ点に、賢明な諸君は気づかれてもいい筈だ。諸君が戯曲を読んで直接感じられる「面白さ」と、諸君が舞台の上でみせ得る「面白さ」との間には、まだ時とすると大きな距りがあること、その距りをなるべくはつきりつかんで、無駄をしないといふことは、諸君の演技熟達に欠くべからざる注意である。
 第二に、「英語の先生」だが、この脚本を選択した理由は、実際どこにあるかしらぬが、この劇団のレペルトワルからいつて、必ずしも想像できなくはない。元来、この種の喜劇は、仏蘭西でなら、商業劇場の出し物として通用する程度のものだけれど、日本の現状から見れば、これを「新劇」の劇団が上演して一向差支ないと思ふ。つまり、俳優はそこから多くのものを学び、観客はそこから「新しい」魅力を味ひ得るからである。そればかりではない。日本の劇団は、今まで西洋劇の影響を可なり受けたとはいへ、それは畢竟「文学的」な影響に止り、「舞台的」殊に「演技的」影響は、殆んど受けてゐないのだ。その原因は、かういふ「芝居らしい芝居」の移植が、全然顧みられなかつたせゐと、それを演じてみようといふ俳優がゐなかつたからである。その点、この劇団は、さすがに屈托のない元気さで、この「通俗喜劇」を上演し、しかも立派に「新劇的効果」を挙げ得たことは、私はじめ、大に意を強くする次第だが、さて、これを演じる俳優諸君が、以上の見地から離れ、多少、「いい気になつて」この脚本の調子に曳きずられて行つたら、将来、大事を成すことは覚束ないと思ふ。そして、その心配が全然なくもなかつたことを、私は敢て、直言するのである。(一九三二・三)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko