えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

事変記念日
じへんきねんび
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集24」 岩波書店
1991(平成3)年3月8日
初出「東京朝日新聞」1939(昭和14)年7月7日
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2007-07-17 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 事変は遂にまる二年続いた。まだ何時終るかわからぬ。次ぎ次ぎに新しい事態が発生する。予期したところとは云へ、国民はその都度、別に顔色を変へない。なんとかうまく行くものと思つてゐる。何か目に見えない力に頼りきつてゐる風である。
 由来、日本国民はさういふ訓育を受けて来てゐる。今日まではそれで押し通して来た。が、一方で、頻りに警告が発せられてゐる。国民はもつと緊張せねばならぬ、時局に応はしい生活をせねばならぬと、政府は宣伝これ努めてゐる。そこで国民は、どうすれば真に「戦場に在る」如くその日その日を送り得るかについて考へる。
 しなければならぬと思ひながら、それが実際には不可能だといふことぐらゐ意気を沮喪させるものはない。銃後の国民の大多数は、砲煙の下に身命をさらす同胞の偉大な業績に感激しつゝ、なほかつ、凡庸な市民の日常生活を、その哀歓と共に営まねばならぬとは、なんといふ宿命であらう。
 われわれは祖国の安危を前に如何なる困苦欠乏にも堪へ得るであらう。われわれの勇気は何人かの号令によつて倍加されるのではない。しかし、国民がその覚悟をこれ以上なんらかの形で表はす必要があるとすれば、それは区々たる私生活の面に於いてではない。民衆の一人一人が進んでその余力を公けの場所に集め、これをある目的のために組織づけることが第一である。この機運を促進せしめるものは、為政者の情熱と、新鮮な表現に外ならぬ。(「東京朝日新聞」昭和十四年七月七日)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko