えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

文学者の一人として見た現代日本語
ぶんがくしゃのひとりとしてみたげんたいにほんご
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集24」 岩波書店
1991(平成3)年3月8日
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2009-12-28 / 2014-09-21
長さの目安約 26 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 私は国語問題について別段専門的な研究をしてゐる者でなく、従つてこの問題について適切な意見を述べる資格はないのであります。一作家として現代の日本語について何か考へて居ることでもあればといふことなら、この機会に少しばかり感想を申上げて見たいと思ひます。従つて、今日御話しすることは多分極く常識的な意味の言語風俗と云ふことになるのではないかと考へます。
 先づ現代の日本語を現在の文学界が如何に取扱つてゐるか。そこに何か特殊な現象でもないかと考へて、二三気づいた点があるのでそれから申上げて見たいと思ひます。
 現代の日本文学と申しましても、その範囲は広いのでありますけれども、比較的若いゼネレーシヨンの中で特に目につく現象としては、一般に西洋風の表現が非常に取入れられてゐることを注意しなければなりません。西洋風の表現といふのは直接外国語を学ぶことから影響された点もありませうし、また外国文学の翻訳を読むことから影響を受けてもをりませう。更に一層広く考へれば、現代日本の知的な分野に於ては、西洋風の物の考へ方、感じ方が非常に滲み込んで居ると云へます。其処からもさう云ふ現象が起ると思ふのであります。純粋な日本風の表現では自分の考へや感情が十分に云ひ現はせなくなつて来てゐる。そこへもつて来て、文学本来の反俗的な精神と云ふものが、一般に使ひ古されてゐる表現を必要以上に毛嫌ひをする傾向を生んだのであります。例へば日本人が普通に使ふ言ひ廻しと云ふものを殊更それを俗な言ひ方として却ける、避けると云ふやうなこと。ところが一方で、西洋風の云ひ廻しならば、それが向うでは月並な表現であつても、それを新鮮な、独創的なものとして、知らず識らずこれを受け入れるといふ風があります。さう云ふ風な傾向から、作家が独自な文体を生みだす努力のなかには、新しい感覚主義と言葉の遊戯とが混り合つてゐます。
 少し断片的になりますが、第二の現象は最近非常に地方の言葉、つまり方言を会話として使つた作品が書かれ、流行とまでは云へますまいが、目立つた傾向を作つてゐるやうに思はれます。この地方語の特殊な魅力と云ふものが、作品を成る程或る場合には非常に面白くしてをります。その面白くしてゐる原因は、さう云ふ田舎の言葉で語る人物の生活が都会人にとつては目新しいといふ場合もありませうし、特殊な風俗習慣の描写といふことがその作品の魅力になつてゐる場合もありますけれども、もう一つ、この地方語そのものが自から持つて居る一つの魅力と云ふものが考へられます。私の見解では、地方語に依つて書かれてゐる作品の魅力は、結局その作品を書いた作家が自分自身の言葉で書いてゐると云ふことにあるのだと信じてをります。と云ふのは、その地方語を使つて会話を書いてゐる作家は、実は標準語を使つて書くよりも言葉を適切に選択し、活々と駆使し得て、その結果、表現に力と味ひと…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko