えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

「趣味」の草原へ
「しゅみ」のそうげんへ
副題――「アナトオル・フランス短篇小説全集」推薦の辞――
――「アナトオル・フランスたんぺんしょうせつぜんしゅう」すいせんのじ――
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集24」 岩波書店
1991(平成3)年3月8日
初出「アナトオル・フランス短編小説全集 内容見本」白水社
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2010-02-08 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 人間が生涯のうちで少くとも一度か二度は精神の遊びを試むべき「趣味」の草原へこの作家ほど自然に人を導き入れる作家がほかにあらうか。
 機智や皮肉を軽蔑するのはいゝ。だが、フランスの寛容な微笑に心惹かれぬものは、感動の上に跨つて静々と鞭をふる文体の魅力に縁なき人々であらう。彼にあつては、思想が恰も掌の上にあるかの如く見え、読者は常に身軽な逍遥の道づれとして彼一流の語り方に耳をくすぐられ、陶然とする。しかも、その思想の重量は自らこれを支へ得るもののみがよく計り知るのである。
 凡そ厄介と思はれるのは、この作家の単純を装つた語彙の陰翳をそれらしい日本語に移すことである。翻訳にもいろいろな翻訳があつていゝが、今度の短篇全集の企てには、その道の精鋭が漏れなく加はつてゐることではあり、私自身兜を脱いだあの「易しく見える難語」をわが国語の名誉のために征服してくれゝば、私は心から万歳を叫ぶであらう。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko