えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

『開拓地帯』の序
『かいたくちたい』のじょ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集24」 岩波書店
1991(平成3)年3月8日
初出「開拓地帯(大陸開拓小説集(一)[#「(一)」は縦中横])」春陽堂書店、1939(昭和14)年10月16日
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2010-02-08 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 大陸開拓文芸懇話会といふものが去年でき、私もその一員であつて、この集に作品を出してゐないから、埋め合せに序文を書けといふことである。よろしいと引受けた。この作品集は決して仲間褒めや後ろめたい提灯持ちをする必要のないものである。なぜなら、こゝに並んだ顔ぶれは何れも、わが文壇に於ける一騎当千の若武者であり、しかも、これら諸君の文学的才能と情熱は、この大陸開拓といふ現代の大叙事詩を語るに最も適してゐるやうに思はれるからだ。
 みな一度乃至二度、大陸へ渡つて親しく「現地」を観、探り、感じて来た人々である。恐らく、書きたくないことは書いてゐないだけに、これ以上厳しい言葉はないであらう。と同時に、これ以上温く強く「現地」と「内地」とを繋ぐ心はないであらうと私は信じるものである。
昭和十四年九月二十八日



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko