えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

『素人演劇運動の理念と方策』の序
『しろうとえんげきうんどうのりねんとほうさく』のじょ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集25」 岩波書店
1991(平成3)年8月8日
初出「素人演劇運動の理念と方策」大政翼賛会文化部編、翼賛図書刊行会、1942(昭和17)年3月15日
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2010-04-10 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 素人演劇には良いものと悪いものとがある。良いわるいは何を標準にしてきめるかと云へば、決して素人芸のいはゆる「上手下手」ではない。「素人ばなれがしてゐる」とか、「玄人はだしだ」とかいふのは、必ずしも正しい意味での値打にはならないのである。役者が商売といふのでなく、たゞ暇な時に仲間同志が集つて芝居をやるといふことは、ごく自然な人間の遊戯本能であつて、これを芝居の真似と考へるべきではない。
 素人演劇の魅力ある健全なすがたは、そもそも「芝居」といふものが今日のやうに職業化してしまはない以前の、素朴な、闊達な、衆と共に励み楽しむ生活の精神と表現のなかにあるのである。
 近頃、農村や工場で素人演劇が盛に行はれる風があり、十分いい結果をあげてゐる一面、なかにはいろいろな点で弊害を生みさうな徴候がみえないでもないので、こゝに関係当局とも計り、とりあへず一般の心得となり手引となるべき要目を提示することにした。本書の記述は多少演劇の専門知識を基礎としなければ理解しにくいところがあるかもわからないが、主として各職場における指導的立場にある人々を対象として書かれたのであつて、文化運動乃至は厚生施策として素人演劇の真の意義と価値について、指導者としては少くともこれくらゐ徹底した考へをもつてもらひたいと思ふ。
  昭和十七年三月



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko