えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

「劇作」に告ぐ
「げきさく」につぐ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集27」 岩波書店
1991(平成3)年12月9日
初出「劇作 第一号(通巻一〇五号)」1947(昭和22)年4月1日
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2009-11-19 / 2014-09-21
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 ずいぶん旧いことだが、「劇作」が創刊される頃はたしかに新劇の世界に一つの機運がもり上つてゐた。それは、大正初年の、いはゆる戯曲の開花期に相応するものである。
 私はこの二つの時期をそれぞれに、新劇に於ける飛躍時代と呼びたいのであるが、その意味は、日本演劇の近代化が、戯曲文学を通じて、これほどはつきり、一つの足跡を残した時代はないと思ふからである。
 大正初年は、舞台的にも、様々な集団による様々な運動が芽をふき、そこから、極めて多彩な作家の一群を生みだした。
「劇作」が創刊された昭和七年前後は、新劇団の乱立などはなく、むしろ、軌道に乗つた二、三の新劇団体が、その旗印を高々と掲げて進むといふ状態であつた。
 が、私が新なこの二つの新劇時代をくらべて興味を感じるのは、戯曲文学のうへで、明らかに、前者と後者との間に、先駆者とその完成者といふ関係がみられ、前者が試みたものを、後者はたしかにマスターした。しかし前者が新調したものを、後者は着古したといふ感じがしないでもない。
「劇作」はたしかに、あるものをマスターし、そこから、更に、一歩を踏み出さうとしてゐる時、戦争がこれをうやむやにした。それゆえ、外部からみれば、「劇作」は役割を一応果してその仕事に終止符を打つたやうにみえるかも知れない。さう見えればそれはそれでいゝのだが、「劇作」の同人諸兄は、心必ずしも平かでないらしい。それもまたもつともと云はなければならない。
 私自身は、元来、「劇作」の創刊に際しては、なにも力を藉してはゐないのである。「劇作」は私の若い友人諸君の手によつて、何時の間にか生れてゐた。編輯などにも、ほとんど口を出したことはない。いゝ出来だと思ふこともあり、つまらぬと思ふこともあつた。いゝ出来だと思ふ時は、たいてい黙つてをり、ひどいと思ふ時は、遠慮なくさう云つたこともあるが、その頃はもう「劇作」は私の手の届かぬところを歩いてゐた。「劇作」の気風なるものは、私などにおかまひなく、「劇作」同人の内輪同士で作りあげたものである。
 同人の一人々々は、あれほど才能もあり、人間も面白く、勉強は可なりしてゐるらしいのに、雑誌「劇作」の気風は、殊に末期に至つてやゝ透明を欠き、重苦しくなつて来た。なぜであらう?
 第一次「劇作」は、しかし、よく続いた。もちろん菅原兄弟の犠牲に於てであつたと思ふが、同人諸君もいろいろ困難な道を歩みながらなほかつ演劇に対する熱意を失はなかつたためであらう。
 今度の「劇作」は、もちろん、第一次の終つたところから出発すべきであらうけれども、そこには可なりの飛躍が必要のやうに思ふ。その飛躍は、既に準備されてゐるに違ひない。
 先づ何よりも、同人のための雑誌から、同人による雑誌へのはつきりした移行がみられなければならない。といふ意味は、新劇界の確乎たる一存在としての自信と責任とをもつて、「な…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko