えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

横光君の文学
よこみつくんのぶんがく
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集27」 岩波書店
1991(平成3)年12月9日
初出「横光利一全集 内容見本」改造社
入力者tatsuki
校正者門田裕志
公開 / 更新2010-07-15 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 横光君は疑ひもなく天才的な作家である。しかも自分の非凡さがどこにあるかを知らうとせず、そのために屡々自ら傷き、おそらく傷いたことすら意に介しなかつた異例ともいふべき作家の一人である。彼のうちの非凡と凡庸とは、他の如何なる作家の場合よりも激しく対立し、奇怪に結びつき、時として、感受性と語彙とが、抒情と観念とが、好奇心と主題とすらが相叛き、相応じ、混沌と閃光とを交錯せしめた。それが痛ましく華やかな、素朴でありながら手のこんだ陰翳で示される彼のユニツクな文体なのである。彼が作家たることの自覚と宿命とをそこにみる以上、これは彼にとつて必然にして唯一の道であり、こゝにこそ、また、人間としての厳しさと脆さの形づくる独特の魅力を体温として感ぜしめ得るのであつて、わたくしは、これ以上、作家としての才能を賭けた裸身の離れ業はないやうに思ふ。全作品を通じてみられる空に張りつめた一つの精神の姿態を、ともあれ、かくまでに何人も問題とせざるを得ぬ理由はそこにあるのである。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko