えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

屋上庭園
おくじょうていえん
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集2」 岩波書店
1990(平成2)年2月8日
初出「演劇新潮 第一巻第八号」1926(大正15)年11月1日
入力者tatsuki
校正者Juki
公開 / 更新2009-12-23 / 2014-09-21
長さの目安約 19 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

人物
  並木
  その妻
  三輪
  その妻

所 或るデパアトメントストアの屋上庭園

時 九月半ばの午後
[#改ページ]

二組の夫婦が一団になつて、雑談を交してゐる。一方は裕福な紳士令夫人タイプ、一方は貧弱なサラリイマン夫婦を代表する男女である。
男同志は極めて親しげな様子を見せてゐるに拘はらず、女同志は、互に打解け難い気持を強ひて笑顔に包んでゐるといふ風が見える。

三輪  それで買物は済んだのかい。
並木  買物……? 買物なんかどうだつていゝんだよ。
三輪  此の店へは、ちよいちよい来るの。
並木  ちよいちよい来る。しかし、滅多に買物はしない。此処は、君、屋上庭園でもなかつたら、僕達の来るところぢやないよ。
三輪  僕達も、あんまり此処へは来ないんだが、そら何時か此処から飛び降りて自殺した奴がゐたね、新聞に出てたらう、あれを思ひ出して、今日は一寸上つてみる気になつたんだ。
並木  あゝ、あれね……。

(一同は、今更の如く、下をのぞいて見る)

三輪の妻  こつからぢやたまりませんわね。
並木の妻  ほんとに……。
並木  万引をして見つかつたからと云ふんだが、これは確に一条の活路だね。
三輪の妻  活路ですつて……。死ぬのが活路なの。
三輪  さうさ。しかし、僕はかういふ処へ始めて上つて見たが、なるほど、これは一寸変つた処だね。
並木  僕は此の頃、街を歩いてゐても、これと云つて眼を楽しませるやうなものにぶつからないが、此処へ上つて見ることだけは、殆ど日課のやうにしてゐる。
三輪  君らしい道楽だね。
並木  それやさうだ。
三輪  いや、さういふ意味ぢやなくさ……。ねえ、奥さん、今日は久し振りで並木君とも会つたんですし、奥さんとは初めてお近附きになつたんだから、一つ、御一緒にゆつくり食事でもしようぢやありませんか。
三輪の妻  賛成ですわ。
三輪  お前が賛成なこたわかつとる。どうです。御差支はありますまい。
並木の妻  (夫の方を見ながら)でも……。
並木  さうさなあ。
三輪  いゝぢやないか、君……。
並木の妻  このなりぢや、あたくし……。
三輪の妻  あら、あたくしを御覧遊ばせ……。
三輪  着物なんかかまふもんですか。ぢや、どこか気の張らない処へ御案内しますよ。
並木  しかし、僕達はなんだよ……。
三輪  まあ、まかしときたまい。(妻に向ひ)ぢや、お前買ひ物があるなら、さつさと済ませて来ないか。おれはここで並木君と大に談じてるから……。
三輪の妻  (夫の耳に口を寄せて何か云ふ)
三輪  さうさ、あたり前さ。
並木  (妻に)お前も何か見るつて云つてたぢやないか。見て来いよ。
並木の妻  (夫の耳もとで何か囁く)
並木  かまふもんか、そんなこと……。

女どもは互に顔を見合ひ、笑ひながら退場。

三輪  なかなか可愛らし…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko