えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

棄権
きけん
副題――芥川賞(第二十三回)選後評――
――あくたがわしょう(だいにじゅうさんかい)せんごひょう――
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集28」 岩波書店
1992(平成4)年6月17日
初出「文芸春秋 第二十八巻第十三号」1950(昭和25)年10月1日
入力者門田裕志
校正者Juki
公開 / 更新2010-09-28 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 今度の芥川賞の銓衡には、私は選者としての任務を果すことができなかつた。
 私が東京に在住してゐないため、事務的な連絡が思ふやうにとれなかつたからでもあるが、候補作品を受けとつてから委員会が開かれるまでの短時日に、折あしく健康を害しどうしてもその作品の全部に眼をとほす暇がなかつたため、私は、自分の意見を述べることを差控へざるを得なかつたのである。
 しかし、どんな理由があつたにせよ、二回開かれた委員会のいづれにも出席できなかつたのは、私のやゝ勝手な都合であつて、これは委員の一人として怠慢のそしりをまぬかれない。
 さういふわけで、今度だけは、責任をもつて選評を書く資格が私にはないのである。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko