えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

一言(「道遠からん」について)
ひとこと(「みちとおからん」について)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集28」 岩波書店
1992(平成4)年6月17日
初出「文学座十一月公演・道遠からん パンフレット」1950(昭和25)年11月2日
入力者門田裕志
校正者Juki
公開 / 更新2011-10-29 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 わたくしは劇作といふ仕事を通じて、現代における、「喜劇」の存在理由をますます強く感じるやうになり、その精神の探究と、形式の確立のために、おぼつかない努力をしつづけて来た。その努力はいまもつて実を結んだとはいえないけれども、どうやら、ひとつの方向だけは、これできまつたといふ気がする。それは、必ずしもまつたく新しい方向ではないかもしれない。しかし、わたくしは、わたくしの視角のなかにとらへ得たその方向をもう見失つてはならない年齢なのである。
 喜劇はまづなによりも、人間と時代とに対する深いかなしみから生れるものだといふことを、わたくしは、かねがね信じてゐる。かなしみがかなしみのままに終れば、それは絶望につながるほかはない。わたくしは、そこで立ちどまらないために、あらゆる鞭を自分のうへに加へた。灰色のかなしみから、褐色の憤りが煙のやうにたちのぼるのを、自然の結果とみてゐた。だが、その時、はじめて、自分のうちに、鬱積した「笑ひ」がこみあげて、ひとつの出口をもとめてやまないのを知つた。「喜劇」は、外になくして、内にあつたのである。
 人世批判が諷刺のかたちをとつて「喜劇」を生むことも事実にはちがひない。しかし、その事実は、また、批判者がいつさいの批判に堪へなければならぬといふ意味をふくんでゐる。しよせん、喜劇は、他のすべての文学作品と同様、あるひは、それ以上に、鏡にうつる作者の像なのである。
 こんど文学座で上演する「道遠からず」は、分析的な解釈を必要としないほど、主題は単純明瞭であつて、わたくしは、ただ、現実の一瞬から、この主題のヒントを得たことだけ言つておきたい。
 この春、ある海岸地方を旅行した際、ちやうど、代表的な海女のいくたりかを、伝説的な註釈づきでみせられたこと、その地方の町で、観光事業の一つの催しとして、海女の海中作業をコンクールの形式で一般に公開するといふ計画をきかされ、これはどんなものかと考へさせられたこと、この二つの動機から、わたくしの創作慾が刺激されたのである。
 これは、なんとしても現実の問題としてそのまま取扱つては、いかに誇張を試みたところで、喜劇にはならぬ性質のものである。ただ、現実が提出してゐる問題を、さまざまな仮設のうへに展開させていくと、そこから、慄然とするやうな情景のなかに、ある種のをかしみが湧いて来ることを発見した。
 この戯曲は、文学座からも俳優座からも、前後して上演の申込みがあつた。先口の文学座にこれをゆるした。そして「人間」に発表したテキストが甚だ不備なものであつたから、更に、十分手を加へる約束をしたのであるが、結局、この程度のもので我慢するよりほかなかつた。それでも、第二稿は第一稿の倍に引き伸ばされた。
 配役もほぼ、わたくしの頭のなかで考へられてゐた。
 演出を引受けてくれた福田恆存君は、「キテイ颱風」の作者として、既に…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko