えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

「演劇」創刊に当たつて
「えんげき」そうかんにあたって
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集28」 岩波書店
1992(平成4)年6月17日
初出「演劇 第一巻第一号」1951(昭和26)年6月1日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-04-14 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 現代の演劇が純粋に健全に伸び育つためには、まづ、文学芸術の広い領域とのもつと緊密な接触を計り、それぞれの分野の活溌な協力を求めることが必要があるといふ見地に立つて、われわれは、一応、近い周囲に呼びかけ、「雲の会」といふ団体を結成した。会員はそれぞれ、小説家、劇作家、詩人、批評家、美術家、音楽家、舞台及び映画の演出家、俳優などであるが、また同時に、めいめいは新しい演劇の将来に最も深い関心をもつ観衆を代表してゐる。
 われわれが、現代の演劇に何を寄与し得るかといふことと、われわれがそれに何を求めるかといふこととは、常に微妙に相つながる問題である。「雲の会」の仕事は、その問題を徐々に解決していくことである。
 雑誌「演劇」の刊行は、会の事業の一つであるが、たまたま白水社が自発的にその負担に於てこれが発行の業務を引受けてくれることになつた。
 われわれは、この雑誌を通じてより多くの同志の協力を求め、かつ、なるべく広汎な演劇愛好者、演劇研究者と手を携へることができたら幸である。

  一九五一年四月
「雲の会」実行委員の一人として  岸田國士



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko