えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

老病について
ろうびょうについて
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集28」 岩波書店
1992(平成4)年6月17日
初出「文芸春秋 第三十巻第四号」1952(昭和27)年3月1日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-04-18 / 2014-09-16
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 内科の医者である私の友人Aは先日面白い話をきかせてくれた。
 専門のことは私にはよくわからないが、Aはずつと以前から老齢期特有の病気に興味をもち、小児科に対して、老人科とでも称すべき医学の新分野を開拓しつゝある篤学の士である。
 Aの研究によると、高齢者の肉体は常に衰耗の一路を辿るにしても、その程度はひとによつて違ふばかりでなく、同じひとりについて、部分的に遅速の差があり、その結果、ひとによつて、ある部分は既に老境に入り、ある部分は未だ青春の名残りをとゞめてゐるといふ現象がしばしばみられるといふのである。別の言葉で言へば、ある人間がどこから先に年を取りつゝあるかといふ徴候の測定によつて、臨床的に必要な対策を講じることができるのであらう。
 しかし、かういふ事実は、素人のわれわれでも、ぼんやりとは感じてゐることで、それを学問的に系統づけ、その理論をいかに医者が応用するかといふことこそ、注目に値することなのである。
 ところで、私は、その話から、いろいろ他愛もない空想をして、ひとり悦にいつた。
 例へば、肉体各部の機能と精神のさまざまなはたらきとを明確に結びつける精神生理学なるものは成り立たないか? そして、からだのある部分の発育、乃至老衰の徴候から、その人間の知能や道義心の程度を推しはかることができたとしたら、これはなかなか画期的な発見にちがひない。
 が、こんな空想は、空想だけに終るのだつたら、別に事新しいものではなく、ある種の宗教はそれぞれの病気をなにかしら道徳の欠如にもとづくといふ、噴飯に値するコヂつけで俗耳を迷はせてゐる。肺病は、不従順が原因で、なんでも「ハイ」と言はぬからだ、と称するが如きである。わが国に肺患者の多いのは、そのためであらうか?

 老人病と言へば第一に動脈硬化があげられるであらう。
 ところが、精神の動脈硬化的症状は、意外に早くわれわれを訪れる。血圧が普通だとすれば、その治療はどうすればいゝか。わが民族の精神年齢について、一外国人は甚だ前途洋々の望みを嘱してゐるやうだが、果してその観察は誤りであらうか?
 動脈硬化的症状の一つは、なんといつても、かのセクショナリズムである。しかも、それは、習癖となつてゐる無意識的セクショナリズムである。
 このことは、われわれ自身、みな百も承知しながら、いかんともなしがたいのであるから、いよいよ、A博士の研究の成果を期待するわけであるが、それに先だつて、私がふと思ひついたことは、すべて分化と綜合とが交互に行はれるやうな仕組みを、政治や教育の分野に、もつとはつきり打ちたてたらどうか、といふことである。
 これもほんのわづかの一例にすぎぬが、最近私は、こんな提案を吉田首相にしてみたくなつた。
 いよいよ国際関係が正常に復することになるのだが、日本のこれからの立場を考慮にいれたうへで、近い将来、外国に設置…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko