えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

「昨今横浜異聞」この集を編むについて
「さっこんよこはまいぶん」このしゅうをあむについて
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集28」 岩波書店
1992(平成4)年6月17日
初出「昨今横浜異聞」四六書院、1931(昭和6)年2月10日
入力者門田裕志
校正者Juki
公開 / 更新2011-10-23 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 今日まで活字として発表した戯曲のうち、凡そ半数は大小の劇場で脚光を浴びた。上演されたもの、必ずしも自信のあるものではなく、上演の成績も常に満足とばかりは云へないが、自分の作品を通じてみて、舞台にかけられたものには、おのづから一つの特色があり、その特色は、この集一巻の存在理由ともなるべきもので、著者としては、これを謂はゆる「芝居好き」の読者に送り、わが劇作生活の貧しい紀念としたいのである。
 無論、作品の選択は自分の好みに従つたが、まだ上場されないものを一篇だけ加へたのは、それによつて、多少ともこの書の「未来性」が保たれやうといふ、出版書肆の周密な配慮に従つたものである。
 上演記録として、配役の外に、それぞれの舞台写真を挿入する計画であつたが、適当なものを揃へることができず、書物の体裁としては、型にはまつた口絵式写真よりも、寧ろ自由な挿画を配した方が「美術的」であると思ひ、特に中川一政氏を煩はして、装幀の労を延長していたゞくことにした。
  昭和六年一月
著者



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko