えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

偶感一束
ぐうかんいっそく
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集28」 岩波書店
1992(平成4)年6月17日
初出「時事新報」1925(大正14)年1月9日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-03-31 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 賑やかな春の芝居も一向に心を惹かない。旅をしよう。旅をしよう。
 旅と云へば、旅にゐて、都を想ふ、これも旅の楽しさ、なつかしさである。
 まして、こゝ、灯は暗し、某々劇場の花ランプさへ、幻に、奇しくも美しい。
 今年は……と、癖になつてゐるのか、人さまに済まないと思ふのか、僕は、ふと、考へる。今年は……と。
 せつせと芝居を見よう。第一に、築地小劇場と新劇協会とを欠かさずに見に行かう――勿論、帰つてから。
 第二に、能を観よう。友人のSが案内をして呉れる筈である――勿論、前の晩には、アスピリンでも飲んで、ぐつすり眠らなければ。
 第三に、素人劇を見て廻らう。素人劇をやらうと思ふお方にお願ひします。前以て、僕のところへお知らせ下さい。
 第四に、喜劇でも笑劇でも、さういふものをやる劇場へ行かう。そして、何か見つけ出さう。
 第五に……と、僕は、やゝ興奮する。
 さて、第五に、僕は、もつと、どうかしたものを書かう。
 これからは夢です。
 その夢は、手短に話します。
 政友会だか、革新倶楽部だか、そのへんの人々が、国立劇場同附属演劇学校創立案なるものを議会に提出し、満場一致で可決。
 すると、東京市会では、いつの間にやら、市立劇場の建設について、実行委員を任命した。垣内博士、大河内輝氏、久野秀二氏等がそのうちに加はつてゐる。
 すると、また、東京府では、府立演劇学校の生徒募集に着手した。
 校長は米塚信一郎氏、教師の顔触れは、菊沢廉造氏(俳優道徳)、溝口二郎氏(戯曲と人生)、水方呉吉氏(表現派発声法)等々といふ顔触れ。
 帝国劇場は、四月興行女優劇に時葉北三といふ人の処女作、新感覚派劇「臍の苦笑」を演じて大当り。爾後、毎興行、新作物のみ上演と決定。幹部俳優大淘汰。文芸部独立。株主権限縮少。見物拍手喝采。
 日刊演芸新聞「どらま」発刊祝賀会が、日比谷公園に催される。文部大臣が、希臘劇の発達より説き起して、大に演劇奨励の演説をやつてゐる最中、聴衆が総立ちとなる。
 ――地震だ。
 馬鹿を言ふのはよさう。
 湘南の一漁邑、こゝ、燈は暗し、某々劇場の花ランプさへ、幻に、奇しくも美しい。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko