えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

隣の花
となりのはな
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集28」 岩波書店
1992(平成4)年6月17日
初出「帝劇 第六十六号」1928(昭和3)年4月23日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-04-30 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


「隣の花」といふ標題は、あんまり説明的で、ことによると、内容は読まなくつてもわかるといふ人があるかも知れません。なるほど、私は、此の脚本を書く時、平素と全く違つた行き方をしました。即ち、はじめから、「書かうとすること」が頭に浮び、その主題が、そのま、標題の形になつて、云はゞ私の空想を支配してゐたのです。
 さうかと云つて、私は、此の作品で、「人のものを欲しがる」人間性の諷刺を試み、それで満足するつもりはなかつたのです。それよりも、私は、第一に、性格のコントラストから生れる世の中の可笑味を、なるだけ手近な例のなかから引き出して来ようと努めたのです。
 人物も事件も、一切私の想像ですが、これは、そんなに珍らしい人物でも事件でもありますまい。目木、久慈の両夫婦は、私の隣人であると同時に、諸君の隣人です。
 此の悲しい喜劇を観て、笑ひたい人は笑つて下さい。しかし、私は、それ以上の責任をもつわけに行きません。
 序にお断りして置きますが、此の作は、此の四月某雑誌に発表したものを、更に上演に際して書き直したものです。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko