えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

トントンピーピ
トントンピーピ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 第二六巻」 ほるぷ出版
1978(昭和53)年11月30日
初出「子供之友」婦人之友社、1925(大正14)年9月
入力者菅野朋子
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-03-04 / 2014-09-21
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 もうぐらもちはころころころ、おてゝはみぢかし、しつぽはないし、ころころころげてにげたれど、トントンピーピのわるとびに、とうとうおくつをさらはれた。

 こすゞめすゞめは チユウ チユウ チユウ
「チユウ チユウ チユウ チユウ チユウ チユウ チユウ。かあさんすゞめきておくれ。かあさんすゞめきておくれ。わたしのだいじなからかさを、トントンピーピのわるとびが、わるとびが、とうとうさらつてとんでつた。」
 こすゞめすゞめはあめにぬれ、ぬれぬれなけど、ないたけど、かあさんすゞめはやぶのなか。やぶのなか。

 あをい葉ばかりのぐみの木は、あをい葉ばかり、日はてれど、あをい葉ばかりぐみの木は。

「あかいぐみの実をみせとくれ。みせとくれ。」
まつくろくろ蟻がきいたらば
「トントンピーピのわるとびが、これはきれいだ、きれいだと、ほめほめちぎつて、またほめて、ほめほめちぎつてとんでつた。」あをい葉ばかりのぐみの木は、あをい葉ばかりのぐみの木は。

 おひげなくした白ひつじ、あつちへむいちや
「ごめんなさい。」
こつちへむいちや
「ごめんなさい。トントンピーピのわるとびに、おひげとられてごめんなさい。」ともだちひつじにわらはれて、かほはあかあか白ひつじ。
「おひげなくしてごめんなさい。」

「ピーピーピーピー今日は。としよりおうちの、こなやさん。」
「おや おや これはトンピーさん。なにかごやう。トンピーさん。」
 トントンピーピのわるとびは、ぬすんだおくつをひからせて、あかいぐみのみをはねにつけ、白いおひげをはりつけて、はりつけて、からかささしてやつてきた。あめもふらぬにかささして。
「ほんとにごりつぱなトンピーさん。トントンピーピのとんびさん。」
 トントンピーピのわるとびは、としよりお家にほめられて、ほめられて、つんつんつんとそりかへり、
「としより家さんみておくれ。ひかつたおくつをみておくれ、あかいかざりをみておくれ。まつしろおひげをみておくれ。からからからかさみておくれ。」
 としよりお家はおどろいた。おどろいた。
 ぐみの実、しろひげ、ひかつたくつ、からかさからかさ、大じけん。きのふのしんぶんの大じけん。もうぐらもちはないてるし、こすゞめすゞめはしかられた。かあさんすずめにしかられた。からかさとられてしかられた。かわいさうなぐうみの木。はじかきひつじ、白ひつじ。トントンピーピのわるとんび。きのふのしんぶんの大じけん。
 おくつとられたもうぐらもち、なくなくつちへもぐりこみ、もぐりこみ、一丁目、二丁目、三丁目、四丁目の角へくびだした。四丁目の角はこなやさん。としよりお家のこなやさん。おくつとられたもぐらもち、四丁目の角へくびだした。
「やあ、やあ、これはぼくのくつ。ぼくのくつ。」トントンピーピのわるとびの、はいてるおくつをそつととり、五丁目、六丁目、七丁目、あと…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko