えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

かくれんぼ
かくれんぼ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 第二六巻」 ほるぷ出版
1978(昭和53)年11月30日
初出「子供之友」婦人之友社、1927(昭和2)年6月
入力者菅野朋子
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-09-12 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 ある日、小ぐまさんとあひるさんが、かくれんぼをして遊びました。
 ジヤンケンをして小ぐまさんが負けました。小ぐまさんは、あひるさんがむかふのお部屋に行つてゐる間に、机の下にもぐり込みました。
 机の下にかくれた小ぐまさんは、あひるさんの来るのをどんなに待つたことでせう。一時間はたつぷりじつとしてゐました。それだのに、あひるさんは、まだ、さがしに来ないのです。
 小ぐまさんは、まつくらな、せまい所でしやがんでゐるものですから、足や手が痛くなつて来ました。小ぐまさんは、腹が立つて、腹が立つてたまらなくなりました。そして、かくれんぼなんぞ止しちまへ、と思つて、机の下から這ひ出ようとしましたが、あひるさんに見付かると、せつかく、今まで辛抱したのが、無駄になるので我慢しました。
    ×             ×
 さて、あひるさんは、お隣の部屋で何をしてゐたのでせう。このあひるさんは、とても、わすれつぽいあひるさんだつたものですから、小ぐまさんとかくれんぼをしてゐることをすつかり忘れてしまつて、おしやれをしてゐたのです。あひるさんは、女の子だつたからです。まづお母様の洋服を着て、おくつをはいて、その次にお帽子をかぶつて、パラソルをひろげて部屋から、外に出かけながら、かう大きな声で小ぐまさんに言ひました。
「小ぐまさん、私は、これから散歩に行つて来ます。」そして、どん/\外にかけて行つてしまひました。
 小ぐまさんは、それを聞いて、
「僕も一しよに行きたい。」と言ひさうになりましたが、あひるさんにつかまると困ると思つたので、あわてゝお口にふたをしました。それから、小ぐまさんは何時間、そこで、じつとしてゐたことでせう。
 たうとう、夜になりました。

 それでも小ぐまさんは、もう一寸の辛抱だ、もう一寸の辛抱だと思つて、我慢をしてゐました。何故といへば、こんな、誰にも分らないやうな上手なかくれ場所を見付けたのですもの、小ぐまさんは、あひるさんに、それを自慢してやらなければ、つまらぬからです。
 すると、やがて、窓が開く音がしました。そして、誰だか高い窓から飛んではいつて来て、又、出て行つたやうなのです。
 小ぐまさんは、その音を聞いてゐるうちに、すつかり、かくれんぼをしてゐるといふことを忘れてしまひました。そして、そつと、机の下から這ひ出して行きました。そして、机の上を見ました。
 けれども、その机の上には、真白なナフキンがかぶさつてゐるので、小ぐまさんにも、又、このお話を書いてゐる私にさへも分らないのです。
 すると、そのナフキンの下から、小さな声がしました。それは、
「私は、お月様です。」と聞えました。
 小ぐまさんは、それを聞いて大変よろこんで申しました。
「ナフキンの下にいらつしやるお月様、どうぞ、よく光つて、このくらいお部屋を明るくして下さい。」と申しまし…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko