えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

小ぐまさん の かんがへちがひ
こぐまさん の かんがえちがい
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 第二六巻」 ほるぷ出版
1978(昭和53)年11月30日
初出「子供之友」婦人之友社、1928(昭和3)年7月
入力者菅野朋子
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-09-18 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 ある日小ぐまさんが路ばたであそんでゐますと、お猫さんが通りがゝりました。お猫さんは、ふところから 赤いものをとりだして
「小ぐまさん、これなんだか知つてる?」とききました。小ぐまさんは 一目みて、それがほゝづきだとわかりましたので、
「あら、いゝのね。ひとつでいいから下さいな。」といひました。
「まあ、ひとつ下さいですつて。とてもね、大事なのよ、あげられやしない。」とお猫さんはいひながら、皮をむいて、ほゝづきの実をだしました。それをみると 小ぐまさんは、とても欲しくなりました。そして、自分のうちの畑のすみに、一本 ほゝづきの木があるのを思ひだして、
「ね、いゝでせう? 明日、二つにしてかへすから、ひとつだけ下さい。うちにほゝづきの木があるの。」といひました。お猫さんは、
「まあ、二つにしてかへしてくれるのなら一つあげませう。ぢやあ、あした、きつとね。」と指切りをして、ひとつ、くれました。小ぐまさんはうれしくて うれしくて、その晩 一晩、そのほゝづきを手のなかにいれて、ながめたり、着物をきせてお人形さんにしたりしてあそびました。
    ×      ×      ×
 その翌日、早く起きて、小ぐまさんは畑にゆきました。そしてお昼ころまで、あつちこつちをさがしましたが、ほゝづきの木の影も形もありません。やつと見付かつたのは、ほゝづきの木によく似た、まるで別の木なのでした。小ぐまさんは、すつかり考へちがひをして、これをほゝづきの木だと思つてゐたのです。小ぐまさんはどんなに心配したことでせう。お猫さんがこれをきいたらどんなにおこるだらうかと思つて、大きい声をだして泣いてをりました。
 小ぐまさんの声があまり大きいので、お隣りのあひるさんがやつてきました。あひるさんは、たづねました。
「どうしたのですか、私にはなして下さい。」
 小ぐまさんは自分の心配を、あひるさんにはなしましたら、あひるさんは小ぐまさんをかわいさうに思つて、わあわあ泣きました。二人の泣き声があまりに大きいので、昨日のお猫さんがやつてきました。小ぐまさんは涙で目がみえないので、お猫さんだとはしらず、自分の心配をすつかりはなしましたら、お猫さんは「かわいさうに、かわいさうに。」と泣きました。その声をきいて小ぐまさんは飛びあがるほどおどろいていひました。
「お猫さん、ほんとにごめんなさい。」お猫さんは、そこでやつと、昨日小ぐまさんにほゝづきをあげたのは自分だといふことに気がつきました。
「私、すつかり、そんなこと忘れてゐました。」これをきいて、小ぐまさんはお猫さんが、おこつてゐないので、どんなに嬉しかつたでせう。三人でおひるのごはんをたべましたが、小ぐまさんはみんなの倍の倍も食べられました。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko