えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

お鼻をかじられたお猫さん
おはなをかじられたおねこさん
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 第二六巻」 ほるぷ出版
1978(昭和53)年11月30日
初出「子供之友」婦人之友社、1931(昭和6)年11月
入力者菅野朋子
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-11-13 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 あるところに、お猫さんがありました。誰もつきあつてくれません。このお猫さんは、大へんきむづかしやで、年中おこつてばかりゐるからです。
 或日、椅子に腰かけて新聞をよんでゐましたが、眠くなつて寝こんでしまひました。
 そこへ、この間生れたばかりで、もうチヨコ/\走りまはつてゐるネズミさんがやつてきました。お猫さんがきむづかしやだなんてことは、まだ知りません。お猫さんの椅子にはひあがつて、お猫さんのお鼻を一かじりかじりました。そこには、あまいおいしいゼリーのかけらがくつついてゐたからです。
    ×             ×
 その時、お猫さんは、いやといふ程、お鼻をかじられた夢を見ました。よく見ると、近所の動物園の檻の中にゐる虎さんが、爪をとんがらかして、お鼻の先にくひついてゐました。お猫さんは、びつくりして目がさめました。お猫さんは腰をぬかして「わあ、虎にかまれた。虎だ、虎だ、助けてくれ――」と、大きな声を出しました。
 近所のお猫さんや、うさぎさん、犬さん、あひるさん、羊さん、牛さんたちは、腹が立つてはゐましたが、虎さんにかみころされては、あんまりかあいさうだと思つて、ピストルや、てつぱうをさげて、とんできました。消防自動車は火事かと思つて、ピユーピユー四方から走つてきました。
 ところが、虎さんなどはどこにもをりません。ベツトの下や、敷物までハガシて見ましたが、足跡もありません。みんなとてもおこりました。そしてお猫さんの家中を泥足でふんづけて帰つて行きました。
    ×             ×
 ところが、お猫さんの家のお隣りはネズミさんのお家です。ネズミさんの赤ちやんは、お猫さんのお家の大さわぎが、自分のせいだといふことは知りません。夕方になつて、ノコ/\お家へ帰つて来て、お母さんにいひました。
「僕、さつき、お猫さんのおぢさんの鼻の先をかじつたの。だつて、先ツチヨに、ゼリーがついてたんだもの。あんなゼリー、うちでもこさへてね」
 ネズミさんのお母さんはびつくりいたしました。けれども、おしまひにはおかしくなつて、家にぢつとしてゐられません。早速近所の家へこのことをおしやべりしてあるきました。
 街中は大さわぎです。皆、窓から首を出して「アハハハハハ」と、大笑ひいたしました。
 お猫さんは、その時牛乳を飲んでゐましたが、恥かしくなつて、のどにつかえて、飲むことができません。新聞社の写真がかりの犬さんが、窓からソツとこのシカメツ面のお猫さんを写真にとつて、あくる日の新聞にのせました。お猫さんはこの写真を見て、自分ながらそのシカメツ面がおかしくなつたので、大笑ひいたしました。あんまり笑つたので、その時からお猫さんはおこるといふことをわすれてしまつて、とてもニコ/\したいいお猫さんになつて、お仕舞には街のニコ/\クラブの会長さんになりましたさうです…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko