えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

二階の窓までのびたチユーリツプ
にかいのまどまでのびたチューリップ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 第二六巻」 ほるぷ出版
1978(昭和53)年11月30日
初出「コドモノクニ」東京社、1937(昭和12)年4月
入力者菅野朋子
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-08-29 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 あるお家に かあいいお猫さんがかはれてゐました。えりまきのかはりにもも色の首輪をつけて、たいへんハイカラにみじまひしてゐました。
 或日、お庭をさんぽしてゐると、とつぜん、目のまへの土がムクムクとふくれて、その中から小さい草の芽が 頭をだしました。お猫さんはそんなものを見たのは はじめてでしたから、腰をぬかさんばかりにおどろきましたが、心をしづめて、「こんにちは、もぐらもちさん」といひました。草の芽は大さうおこつて「私、もぐらもちぢやありませんわ。チユーリツプといふ花の芽よ。」
 猫は鼻のさきで せせらわらつて、
「土の中から、ムクムク出て来るのは もぐらもちにきまつてゐるさ。」といひました。
「いいえ。私、チユーリツプよ。私の咲かせる花は あなたの首輪とおなじもゝ色だけれど、うつくしいことにかけては もつともつとうつくしいの。」まけぎらひなチユーリツプは、ツンとすましていひました。
 お猫さんは、おほわらひしました。
「もゝ色の首輪をしたもぐらもちなんて、ぼくうまれて いちどもみたことないや。」
 チユーリツプの芽は、腹がたつてもうがまんができなくなりました。
「ぢや、みていらつしやい、私がもぐらもちぢやなくて、チユーリツプだつてことを、たつたいまここでみせてあげるから。」さういつて、全身に力をいれました。ところが、あんまり力を入れすぎたので、みるみるうちにたいへんな、いきほひでのびました。またたくうちに屋根をこしてお二階のまどのところまで とどきさうになりました。チユーリツプはびつくりしてやつとのことで、ふみとまりました。そして、そこで それはそれは、うつくしいもゝ色の花をさかせました。
 ちようどお二階のまどのうちで、あたゝかい日をあびて本をよんでゐた、本子奥さんは 去年の秋まいた、せいぜい一尺も大きくならないはずのチユーリツプが、屋根をこすほど長くのびてゐる ふしぎな光景をみて、あつけにとられました。いくらかんがへても、そのわけがわかりませんでした。
 本子奥さんは、家ぢうをかけまわつてさがしましたが、二階のまどのとゞくやうな長つたらしいチユーリツプをいけられるやうな花瓶は、みつかりません。皆さんはあるとおもひますか? しかたなくはしごをかけて本子奥さんは屋根に上つて、チユーリツプのあたまだけとつて、小さい花瓶にさしました。
 そんなわけで、お猫さんと本子奥さん以外には誰も背高のつぽのチユーリツプのことをしりません。皆さん、腹をたてて、むきになるとこんな珍妙なことがおこります。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko