えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

お鍋 と おやかん と フライパン の けんくわ
おなべ と おやかん と フライパン の けんか
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 第二六巻」 ほるぷ出版
1978(昭和53)年11月30日
初出「コドモノクニ」東京社、1939(昭和14)年1月
入力者菅野朋子
校正者noriko saito
公開 / 更新2011-08-22 / 2014-09-16
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 よう子ちやんはお台所が大好きでした。なぜといつて、お料理のにほひはほんとにおいしさうなんですもの。それに、おさじや フオークや お茶碗や お皿などがカチン、カチン、チヤラ、チヤラと可愛いい音をたててゐます。それからもつと、色んな音がします。
 お鍋の中ではクツタ、クツタ、クツタとお湯のにたつ音がしますし、ジヤ、ジヤ、ジヤ、ジヤと水道がいきほひよくながれるし、バツタン、バツタンと戸棚をあける音もきこえます。よう子ちやんは色んな音をきくのも大好きです。
 或る日のことお台所ではお料理づくりにお母さんがいそがしく働いてゐました。そのうちにお母さんはお鍋と、おやかんと、フライパンを火にかけて、お庭へ出てゆきました。
 よう子ちやんはそのすきにソーツとお台所にはいりこみました。
 ガスの火はボウ、ボウ、ボウと妙な声を出して、もえて、その上にお鍋とおやかんがならんでゐます。
「よう子ちやん、もつとこつちへいらつしやいな。おもしろい歌をきかせてあげませう。」どこからかこんな声がしましたので、よう子ちやんはびつくりしてしまひました。
 すると、おやかんが、こんな歌をうたひ初めました。
「ブクツ、ブクツ、ブクツ、ブクツ。」それからその歌は段々大きくなつて、
「プー、プー、シユツ、シユツ、プー、プー、シユツ、シユツ、シユツ」
 それから、もつと、もつと大きく、
「ブク、ブク、シユ、シユ、ブク、シユ、シユ。」あまり大きな声を出して歌つたので、おやかんの上に乗つかつてゐた ふた までが、
「パクン、パクン、パクン、パクン」ととんだり、はねたりの大さわぎです。
「おやかんが、私に歌をきかせてゐるんだわ。だけどお湯がにたちすぎやしないかしらん、私、心配だわ、どうしませう。」よう子ちやんは心配になりました。
「グツ、グツ、グツ、グツ、グツ、グツ、グツ」今度はお鍋もおやかんの歌に合せて歌ひ初めました。
「グツタ、グツ、グツタ、グツ、グツタ、グツタ、グツタ。」段々大きな声を出しました。
「お鍋が私に歌をきかしてくれてゐるのね。だけどあんな声を出して、にたちすぎると困るわ。」
「ピチ、ピチ、ピチ、ピチ、ピチ、ピチ、ピチ。」出ない声をはり上げて、フライパンまでが歌ひ出しました。
「チリ、ピチ、チリ、ピチ、チリ、ピチ、チリ。私だつて歌はうと思ひや、歌へるのよ。チリ、チリ、ピチ、ピチ、チリ、ピチ、チリ。私の声はとてもいい声でせう?」
「ブク、ブク、グツ、グツ、ブク、グツ、ブク。私たちはこんなに大きな声が出せるのよ。大きな声をね。」とお鍋とおやかんは又、負けずにがなり立てました。
 ブク、ブク、シユツ、シユツ
 パク、パク、パク
 グツ、グツ、グタ、グタ
 チリ、ピチ、チリ
 お鍋とおやかんとフライパンはめいめい夢中になつて歌つてゐるうちに、さあ、大変、みんなガバンガバンと煮えくりかへつてしまひまし…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko