えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

金の猫の鬼
きんのねこのおに
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 第一六巻」 ほるぷ出版
1977(昭和52)年11月20日
初出「少年倶楽部」講談社、1933(昭和8)年10月
入力者菅野朋子
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-01-21 / 2014-09-16
長さの目安約 9 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 むかし、台湾の南のはじの要害の地に、支那の海賊がやつてきて、住居をかまへましたので、附近の住民はたいへん困りました。殊にその海賊の首領は、頭に角が一本ある鬼で、船には守神として黄金の猫をもつてるといふので、「金の猫の鬼」と綽名されてる、気性の荒々しい大男でした。
「金の猫の鬼」をどうかしてたちのかせたいと、附近の住民たちはいろ/\相談しましたが、よい考へも浮かびませんでした。
 それをピチ公がきいて、よし俺が行つてやらうといふので、一人でのこ/\出かけていきました。――ピチ公といふのは、元気な快活な少年で、魚が網ですくはれた時のやうにいつもぴち/\してるので、みんなからさう呼ばれてるのです。
 ピチ公は散歩にでも行くやうな気持で、口笛をふきながらやつていきました。野を横ぎり、丘を越え、森をつききつて、「金の猫の鬼」の住居の方へと進みました。
 ところが、森がいつまでも続いて、方向が分らなくなりました。しかも、道が二つに分れてゐます。
 その分れ道のところに、変な男が、木を切るやうな風をしながら、煙草をすつてゐました。ピチ公は平気で尋ねました。
「『金の猫の鬼』のところへ行くには、どつちへ行つたらいゝんですか。」
 男は眼をちらと光らして、答へました。
「右へ行きなさい。」
 ――まてよ、とピチ公は考へました。こいつは変な奴だ。右へ行けといつたが、俺の方から見た右は、こちらを向いてるこの男から見れば左だし、この男から見た右は、俺には左だし……はてな。
 ピチ公は思ひきつて、左の方へ――その男から見れば右の方へ、進んでいきました。男は何ともいひませんでした。
 それから、いくら行つても森ばかりでした。ピチ公は心細くなつて、道をまちがへたのではないかと思つてると、また変な男に出逢ひました。
「『金の猫の鬼』のところへは、こつちから行けますか。」とピチ公は尋ねました。
「わたしは知らない。」と男は答へました。「この先に行くと、ひとが三人ゐるところに出るから、そこでききなさい。」
 それから暫く行くと、少し森の開けたところに出て、そこに変な男が二人ゐました。
 ――はてな、とピチ公は考へました。あいつは三人といつたが、二人きりゐない。だが、俺を加へると三人になるし……。
 ピチ公は思ひきつて、「金の猫の鬼」の住居を尋ねてみました。
「この森を出ると、すぐそこだよ。」と二人の男は答へました。
 なるほど、暫くすると、森から出ました。その向うの丘の上に、大きな土蔵のやうな家があつて、そり返つた太い剣をもつてる番人が、入口に立つてゐました。
 ピチ公は平気な顔で進んでいきました。そして、右手をあげ、それを左から逆に額にかざして、おどけた顔をしながら、失敬、といつてやりました。
 番人はにやりと笑ひました。ピチ公を仲間の少年と思つてか、黙つて通らせました。
 土蔵の中に…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko