えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

雪に埋れた話
ゆきにうもれたはなし
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本児童文学大系 第九巻」 ほるぷ出版
1977(昭和52)年11月20日
入力者菅野朋子
校正者noriko saito
公開 / 更新2013-07-31 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 お秋さんは、山へ柴刈に行つたかへりに、雪に降りこめられました。こん/\と止めどなく降つてくる雪は、膝を埋め、腰を埋め、胸を埋める深さにまで積つてきました。お秋さんは、大きな柴の束を背負つたまゝ、立ちすくんでしまひました。
「もう助かりやうはない。」
と思つて、目をつぶつて静かにしてゐますと、だん/\気が遠くなりました。そして、何時間たつたことやら分りませんが、誰か自分を呼ぶやうな気がしてひよつと目をあいて見ますと、雪のとんねるが長くつゞいた中に、お秋さんは立つてゐるのでした。
 むかうの方が少し明るく見えますので、とんねるの中をとぼとぼ歩いて行きますと、突きあたりが雪の扉になつてゐます。扉をあけて内へはひると、そこは大きな洞でした。洞の隅の方に身の丈一丈もあらうかと思はれる大男が坐つてゐました。
「もつとこつちへお出で。」
と大男が云ひました。声は低いが底力があつて、洞一ぱいひゞきわたりました。お秋さんは恐る/\三足ばかり前へ出ますと、
「柴をおろしな。」
とまた大男が云ひました。お秋さんは雪に降りこめられた時のまゝ柴の束を背負つてゐたのです。さつそく背中からおろしますと、
「こゝへ焼べな。」
とまた云ひました。大男の前には炉があつて、とろ/\火が燃えてゐました。お秋さんが柴をくべますと、火は勢よく燃えあがつて、洞の上からさがつてゐる氷柱が赤くかゞやきました。
「火を消してはいけない。その柴がなくなるまでだん/\焼べたすのだ。」
と男は云つて、もうそれきり何も云ひませんでした。お秋さんは火を焚きながら時々顔をあげて見ますと、大男はいつも目をつぶつたまゝでした。考へごとをしてゐるのか、それとも眠つてゐるのか分りませんでした。体は大きいけれど、顔つきは大そうやさしくて、お寺にある仏さまのやうでした。
「一体この人は何だらう。こんな洞の中にいつも一人でゐるのだらうか。」などとお秋さんは考へました。そのくせお秋さん自身が、どうしてこんな洞の中へ来たのか、それについてはちつとも考へませんでした。
 その中に柴の束はだん/\燃やしつくされて、すつかりおしまひになりました。炉の火が消えてしまふと一所に、男はぱつちりと目をあいて、
「御苦労々々々。もうかへつてもよろしい。」
と云ひました。お秋さんは大男を怖いと思ふ心は、全く消えてゐました。けれどこのまゝ洞の中に一しよに居やうとは思ひませんでした。
 立ちあがつて洞の外へ出て見ますと、雪のとんねるは、いつか消えてしまつて、あちこちに梅の花が咲いてゐます。うぐひすや目白の声もきこえます。
「あゝもう春だ。」
とお秋さんは、ふしぎさうに呟きました。洞の中にゐたのは一時間ばかりと思ふのに、早くも一冬を過してしまつたのです。お秋さんは無事家へかへることができました。村の人々をさそつて再び山へ来て見ましたが、どうしても大男を見つける…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko