えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

熱い砂の上
あついすなのうえ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「牧野信一全集第三巻」 筑摩書房
2002(平成14)年5月20日
初出「週刊朝日 第十六巻第二号」朝日新聞社、1929(昭和4)年7月14日
入力者宮元淳一
校正者門田裕志
公開 / 更新2010-08-04 / 2014-09-21
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より



 駆け出した、とても歩いたりしてはをられなかつたから――砂が猛々しく焦けてゐて誰にも到底素足では踏み堪へられなかつた。
「熱い/\!」
「素晴しい暑さだ!」
「競争! 競争! 波打ちぎはまで――」
 三人の若者と二人の娘が脱衣場から飛び出て、砂を踏んで見ると、熱さに吃驚して、ピヨン/\と跳ねあがりながら夢中で波打ちぎはを目がけて駆けて行つた。
「厭々々! 誰か――」
 海老茶の水着をきた娘が悲鳴をあげた。そして我むしやらに砂を蹴つてゐた。――若者のAが振りかへつて、両腕を拡げて軽々と娘を載せた。
 その光景を見ると、
「あたしも/\!」
 と、もう一人の、赤黒の太い立縞の水着を着た娘が若者のBにとり縋つた。Bは、Aのやうに娘を両腕に載せたが、重くて、とても自由には駆けられさうもなかつた。気の毒な程痩せた男だつた。
 見るからにBは苦しさうだつた。それでも意地を張つて、娘を抱へて駆け続けようとするのだが、ヨタ/\としてしまつて、脚ばかりを、熱いもので、大雪のなかでも歩いてゐる時のやうに仰山に挙げ、徐ろに降ろしながら、大汗で、唸つてゐた。
 それを、もう渚についてしまつたAと娘が振りかへつて、腹を抱へて笑つてゐる。Aより先に行き着いてゐた若者のCが、
「おーい!」
 と水の中から首を出してBを呼んだ。
 Bは、答へるどころではない。
「落したら酷いわよ。」
 Bの腕の上にゐる娘は、あはれなBを嘲笑した。そして両脚をバタ/\と動かしたり、男の脊中をピシヤ/\と叩いたりした。
「凝つとしてゐてお呉れよ。――あゝ、もう俺の足の裏は感覚がなくなつてしまつた。」
「決して、あたし達靴なんてはいて来ないから、毎日たのむわよ、Bさん――」
「チヨツ! 救からねえな。」
 とBははき出した。
「ライフ・ボートにならうか、B――」
 Cが切りに水の中から呼びかけてゐた。
「馬鹿ツ!」
 とBはCに怒鳴つた。――「勇敢な騎士を見よ――だ。かうなれば俺は、もうこのまゝ、どんな火の上だつて、水の中だつて、このお姫様は離さないよ――だ。」
 やつと波うちぎはに着くと娘はBの腕からころげ落ちて、Cの方へ泳いで行つた。



「何だ、これ位の熱さ!」
「ふざけてゐやがら――」
「弱虫な奴等ぢやないか!」
「あのモダン・ガールの態はどうだい。」
「見せつけやがつて――」
「泳いでツて、一つ脚でも引つ張つてやらうぢやあねえか……」
 芸妓を伴れた二人の男が、あの若者達の嬌態を眺めて舌を鳴らした。
「ぢやお前達は入らないんだね。」
「見物してゐるわ――」
「好興な話だな。――ぢや一番俺達の達者なところを見せてやらうか。」
「どうぞ――」
 と二人の芸妓は横を向いていつた。
「よしツ!」
 二人は浴衣を脱いで砂地に走り出た。煙草をふかしたり、手拭を頭に巻きつけたりしながら二人は、わざと悠々た…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko