えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ガール・シヤイ挿話
ガール・シャイそうわ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「牧野信一全集第四巻」 筑摩書房
2002(平成14)年6月20日
初出「国民新聞 第一三九一九号」国民新聞社、1930(昭和5)年9月14日
入力者宮元淳一
校正者門田裕志
公開 / 更新2010-01-24 / 2016-05-09
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 僕(理科大学生)は、さつき玄関でチラリと娘の姿を見たばかりで一途にカーツと全身の血潮が逆上してしまつて(註、ガール・シヤイを翻訳すれば、美しい女を見ると無性に気恥かしくなつて口が聞けなくなる病――とでも云ふべきであらう。)慌てゝ自分の部屋へ逃げ込んでしまつた。
「おーい、二郎、来ないか?」
 兄貴が呼んだ。僕はゾーツとした。――斯う逆上すると、それが何んな原因に依る感情であるか(有頂天の法悦にひたり酔つてゐた筈だツたが)――などといふことは反つて忘れてしまつて、厭世観に誘はれて来る。
 僕は堅くなつて兄貴の部屋に入つて行つた。わざと何気ない素振りを装はうとする努力が、却つて僕の態度を堅くしてしまふのだ。
 兄貴は僕の顔を見るがいなや、変に快活気な調子で、
「フロラさんだよ。」
 と、僕も噂にだけは聞いてゐたアメリカ娘を紹介した。噂に聞いてゐた時よりも、ずつと美しいので僕は内心酷く驚いてゐた。
「おゝ、ジロウ――お前のことは予々お前の兄から……」
 フロラは流暢な自国の言葉で、洗練された愛嬌を振りまきながら腕を差し出した。それだけ解つたゞけで、何んな言葉を云つてゐるのか僕にはさつぱり解らなくなつてしまつたが、辛く微笑を湛へて恭々しくその手だけはとつた。
(僕は、第一印象だけで、彼女に深く想ひをかけてしまつた自分が可笑しく、そして憂鬱であつた。)
 僕は、椅子に腰かけたが絶対に言葉がなく、煙草ばかり喫してゐた。
 兄貴とフロラは絶え間なく会話を続けてゐたが、不図娘は僕を意味して、
「彼は――」と兄貴にたづねた。僕はドキツとしたが、努めて平気さうに己れもまた長閑な会話者であるかのやうな表情を浮べてゐたのであるが――。「彼は何故にあの如く黙つてゐるのか、何か不機嫌な理由でもあるのか?」
「おそらく――」
 と兄貴は人の悪い嗤ひを浮べて云つた。「レデイの美しさに圧倒されてゐるのだらう。彼は、自ら交際下手であることを自慢に感じてゐるといふ風な気の毒なアカデミシアンであるらしい。」
 僕は、横を向かずには居られなかつた。壁ぎはにあつた鏡にフロラが写つてゐた。彼女は、膝の上の大きな赤革の化粧ケースの蓋をあけて、化粧をしながら、
「自分にはアカデミシアンの胸は全く解らない。」などゝ云つてゐた。
「フロラ――彼に、お前の国流の礼儀作法を教へてやつてくれ。彼は学校を出ると同時にお前の国を訪ねたい希望を持つてゐる故――」
 苛めないで呉れ――とでも僕は兄貴に云つてやり度いやうな思ひであつた。
「おゝ、さう――」
 とフロラは深重に点頭いた。そして僕に向つて、
「妾の親愛なる友よ、妾はお前に依つて日本語を覚えたい、お前の町の美しさは妾がこれまで訪れた国々のうちで……」
 と切りに話しかけたが、僕は一向に答へる様子もないので再び兄貴に向つて、
「彼は英語は話せないのかしら?」とたづね…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko