えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

天長節の式場
てんちょうせつのしきじょう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典」 学研M文庫、学習研究社
2003(平成15)年10月22日
入力者Hiroshi_O
校正者noriko saito
公開 / 更新2010-11-23 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 大正十一年十月三十日、横浜市横浜尋常高等石川小学校では、例年の如く天長節の勅語奉読式を挙行した。
 その翌日になって、第四年生一組の受持訓導S君は、同級生徒に向って、
「皆さん、あなた方のお友達でありました石井茂男君が、お気の毒にも、一昨日の日曜に、歿くなりました」
 と云ったところで、生徒たちは承知しなかった。
「先生、石井君は、昨日式場へ来ておりました」
「嘘です、死んだなんて嘘です」
「そんな事はありません、確かに歿くなりました」
「否え、嘘です、昨日、天長節に来ておりました」
 そこでS君も不思議に思って詳しく訊いてみた。
「昨日、式の始まる前に、僕と銀杏の枝が折れてる話をしました」
「運動場で草履を入れた袋を振り廻していました」
「石井君は帽子の庇が破れたのを、糸で綴って冠っていました」
 と云うような事を云った。それで、
「それでは、石井さんの体に触った方はありませんか」
 と云って訊いたが、それは何人も触ったと云う者はなかった。
「それでは、石井さんを見て、変に思った方はありませんか」
 と云ってみたが、それも何人も変に思ったと云う者がなかった。そこでS君は、石井の死亡した事情を談したので、生徒たちは初めて石井の死を知り、天長節に見たのはその陰影であったと云う事を知った。
 石井は二十九日の日曜日の午後、山下町の税関桟橋へ一人で魚を釣りに往っていた。その時そこを監視していた警官の一人は、少年の釣魚に来ている事を見ていたが、ちょっと他へ眼をやっているうちに、その姿が見えなくなったので、どうしたのかと思って、その場へ往ったところで水の上に下駄と帽子が浮んでいた。警官は驚いて人を呼び集め、水底を捜索した結果、その死体を発見して警察署へ運んだが、翌日三十日の午前八時になって、子供を尋ねあぐんだ石井の父親が捜索願に来たので、はじめて石井の死が判明した。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko