えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

術三則
じゅつさんそく
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「鏡花全集 巻二十七」 岩波書店
1942(昭和17)年10月20日
入力者門田裕志
校正者土屋隆
公開 / 更新2007-04-28 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 帝王世紀にありといふ。日の怪しきを射て世に聞えたる[#挿絵]、嘗て呉賀と北に遊べることあり。呉賀雀を指して[#挿絵]に對つて射よといふ。[#挿絵]悠然として問うていふ、生之乎。殺之乎。賀の曰く、其の左の目を射よ。[#挿絵]すなはち弓を引いて射て、誤つて右の目にあつ。首を抑へて愧ぢて終身不忘。術や、其の愧ぢたるに在り。
 また陽州の役に、顏息といへる名譽の射手、敵を射て其の眉に中つ。退いて曰く、我無勇。吾れの其の目を志して狙へるものを、と此の事左傳に見ゆとぞ。術や、其の無勇に在り。
 飛衞は昔の善く射るものなり。同じ時紀昌といふもの、飛衞に請うて射を學ばんとす。教て曰く、爾先瞬きせざることを學んで然る後に可言射。
 紀昌こゝに於て、家に歸りて、其の妻が機織る下に仰けに臥して、眼を[#挿絵]いて蝗の如き梭を承く。二年の後、錐末眥に達すと雖も瞬かざるに至る。往いて以て飛衞に告ぐ、願くは射を學ぶを得ん。
 飛衞肯ずして曰く、未也。亞で視ることを學ぶべし。小を視て大に、微を視て著しくんば更に來れと。昌、絲を以て虱を[#挿絵]に懸け、南面して之を臨む。旬日にして漸く大也。三年の後は大さ如車輪焉。
 かくて餘物を覩るや。皆丘山もたゞならず、乃ち自ら射る。射るに從うて、[#挿絵]盡く蟲の心を貫く。以て飛衞に告ぐ。先生、高踏して手を取つて曰く、汝得之矣。得之たるは、知らず、機の下に寢て梭の飛ぶを視て細君の艷を見ざるによるか、非乎。
明治三十九年二月



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko