えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

小説集「山吹の花」後記
しょうせつしゅう「やまぶきのはな」こうき
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「豊島与志雄著作集 第六巻(随筆・評論・他)」 未来社
1967(昭和42)年11月10日第1刷
初出「山吹の花(限定版)」筑摩書房、1954(昭和29)年1月
入力者門田裕志
校正者Juki
公開 / 更新2013-07-03 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 短篇集を一冊まとめるについて、作品をあれこれ物色してるうちに、つい、近作ばかり集める結果となってしまった。時間的に距離の近いものほど、感情のつながりが濃いからであろうか。その代り、作品の出来栄えについては、却って自分には見えにくい。
 校正刷を一覧したところ、淡々と書き進めた作品もあるけれど、それよりも、勝手気儘に書きちらした作品の方が多い。言いたいことを端的に表現してしまいたかったのだ。もう少し、構想をねり、造形に努力した方が、よかったのかも知れない。だが、小説という形式に対し、何かしら怒りっぽく、心平らかでないものが、どこかにあったらしい。つまり、私小説的なエッセンスとでも言えるものを、随所にばらまく結果ともなった。
 昔から私の作品は、だいたい習作的なものが多かったが、これらの作品もその例にもれない。将来はどうなることやら。
 最近私は病を得て、当分静養、執筆を避けている。そのため、いろいろ考えることも多い。或るいは本書が、私の創作傾向の一転機となるかも知れないし、ならないかも知れない。もう少し考えてからのことだ。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko