えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

月夜のでんしんばしらの軍歌
つきよのでんしんばしらのぐんか
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「【新】校本宮澤賢治全集 第六巻 詩Ⅴ 本文篇」 筑摩書房
1996(平成8)年5月30日
入力者田中敬三
校正者土屋隆
公開 / 更新2006-09-19 / 2014-09-18
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




ドツテテドツテテ、ドツテテド、
でんしんばしらのぐんたいは
はやさせかいにたぐひなし
ドツテテドツテテ、ドツテテド
でんしんばしらのぐんたいは
きりつせかいにならびなし。

ドツテテドツテテ、ドツテテド
二本うで木の工兵隊
六本うで木の竜騎兵
ドツテテドツテテ、ドツテテド
いちれつ一万五千人
はりがねかたくむすびたり

ドツテテドツテテ、ドツテテド
やりをかざれるとたん帽
すねははしらのごとくなり。
ドツテテドツテテ、ドツテテド
肩にかけたるエボレツト
重きつとめをしめすなり。

ドツテテドツテテ、ドツテテド、
寒さはだへをつんざくも
などて腕木をおろすべき
ドツテテドツテテ、ドツテテド
暑さ硫黄をとかすとも
いかでおとさんエボレツト。

ドツテテドツテテ、ドツテテド、
右とひだりのサアベルは
たぐひもあらぬ細身なり。

ドツテテドツテテ、ドツテテド、
タールを塗れるなが靴の
歩はばは三百六十尺。

ドツテテドツテテ、ドツテテド
でんしんばしらのぐんたいの
その名せかいにとゞろけり。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko