えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

色彩映画の思い出
しきさいえいがのおもいで
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「中井正一全集 第三巻 現代芸術の空間」 美術出版社
1981(昭和56)年5月25日
初出「映画の友」1951(昭和26)年9月号
入力者鈴木厚司
校正者染川隆俊
公開 / 更新2008-05-26 / 2014-09-21
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 バンジャマン・クレミュウは『不安と再建』の中で、一九三〇年は、すべての領域で決定的な年であったといっている。世界的な経済危機、ロシアのダンピング、トーキーが欧州を風靡した年である。
 それは集団的主張の時代が、個人的主張の時代に代わる年であると彼はいうのである。
 わが国でも土橋的トーキーが、この流れにそって、研究され、世界の動きにおくれざらんとして戦っていた。そして、今、曲りなりにもトーキーは、世界的技術に踵を接して、歩を共にしていたのである。
 なぜ、色彩映画が、今、みごとに世界から立ちおくれたかについて、私は感慨深い想いをもっているのである。
 以下、思いいずるままに語ろう。
 一九三一年ごろ、支那学者内藤湖南氏の息子であり私の友人内藤耕次郎が京大の心理学教室にいた。彼はそのころ、すべての音が特有な色彩に見えるという性質をもっていて、それを記録するために映画の一コマ、一コマを色で描いてそれを表現しようと試みていた。私は家の一部屋を彼に与えて、その実験を援助していた。ちょうどそのころ、大阪の工業試験所に安藤春蔵君が、色彩映画の研究者として一部屋もっているのを知った。私たちは美学の友人辻部政太郎と共に、この安藤君を助けてぜひ日本色彩映画の最初の試みをしてみたいと、いつも語りあっていた。
 またそのころ、芦屋の富豪で音楽家の貴志康一君が、ドイツ留学にあたって、法隆寺を映画に撮り音楽映画として紹介したいという念願をもっていた。私たちは日頃の実験を試みるべく、貴志君の資本でそれを音楽色彩映画にしようとした。しかしその法隆寺撮影は国宝保存委員会の許可を得る見込みがつかなくなってきた。
 そこで私たちは思いきって、シネ・ポエムと、アヴァンギャルド映画を撮って、日本色彩映画の最初の試みをもくろんだ。そして魚眼レンズが当時二十三ポイントの暗さであったのを、三・半の明かるさに組みたてることに成功したので、これもこの際試みてみようとした。さらに色彩音楽(カラー・ミュージック)をその中に織り込み、また、知識的思惟作用が映画的表現を得るかどうかも試みるために、映画語(キノ・ザッツ)の実験も考えたのであった。

『十分間の思索』………責任構成 中井正一
           撮影   安藤春蔵
『海の詩』………………責任構成 辻部政太郎
           撮影   安藤春蔵
           色彩音楽 内藤耕次郎
           音楽   貴志康一
 以上のような計画で、昭和六年の暮ごろから、すべての実験を試みたのであった。
 魚眼レンズとその映像をダブるべく、シャボン玉の色彩像を撮ろうとして、幾晩か徹夜したが、その結果がついに失敗に帰した時なぞ、みなのショゲかたは可愛想なほどであった。しかし魚眼レンズをラグビーのスクラムの中につっこんで撮ったりして、初めて動く魚…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko