えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

サンタクロースがさらわれちゃった!
サンタクロースがさらわれちゃった!
原題A Kidnapped Santa Claus
著者
翻訳者大久保 ゆう
文字遣い新字新仮名
入力者大久保ゆう
校正者
公開 / 更新2006-05-18 / 2014-09-18
長さの目安約 28 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 サンタクロースがどこに住んでいるか、ごぞんじですか?
 実は、ニコニコ谷というところに住んでいるのです。そこでサンタクロースはおおぜいの妖精たちといっしょに暮らしています。ひとくちに妖精といっても、ニコニコ谷に住んでいる妖精にはいろいろあるので、じゅんに話していきましょう。
 まずはリルです。リルというのは花の妖精のことで、自分にわりあてられた一しゅるいの花のおせわをしています。花というものは、根っこからごはんを食べるのですが、リルは花がごはんを食べられるよう、土の中にごはんをよういしたり、花の色をつける染料をよういしたりするのを、おしごとにしています。シルクハットにスーツ、ネクタイをしめて、いつもおしゃれにしています。
 次はヌックです。ヌックというのは木の妖精のことで、いつもは木のおせわをしています。ふだんは、森のまだ若い木に水をやってうまく育つようにするのがおしごとですが、そのしごとはとてもたいへんなので、ヌックというヌックはみんな、こしが曲がってしまったということです。それにくわえて、世界中のどうぶつたちの見はるというしごともあります。ヌックの顔や身体には毛がいっぱい生えていて、遠くから見てももじゃもじゃに見えます。
 またピクシーという妖精もいます。ピクシーはもともと小さい妖精の中でも、いちばん小さい妖精たちです。緑のぼうしと服を着ていて、おどりがとてもうまい妖精で、手先もきようなので、いろんな仕事をすることができます。
 いちばんわたしたちになじみがあるのは、フェアリーでしょう。あの背中に羽の生えた妖精のことです。金色のかみの毛が肩までのびていて、うすい布でつくったスカートをはいています。そもそもフェアリーは人間をまもるのがおしごとですから、わたしたちも自然とフェアリーのことをよく知っているわけですね。
 ほかにも、土の妖精であるノームや、小さな女の子の妖精であるニンフなどが近くの森に住んでいます。
 ここでニコニコ谷のほうにお話をもどしましょう。
 このニコニコ谷にはお城があります。とても大きくて広いお城で、ここでサンタクロースはみんなのためにクリスマスプレゼントをつくっています。このおもちゃ工場ではたらくのは、おおぜいの中からえらびぬかれた妖精たちで、一年の終わりごろからその次の年のクリスマスまで、ひっきりなしにはたらいています。
 そうそう、どうしてこの谷がニコニコ谷というのか、話すのをわすれていましたね。それは、この谷にいるもの、あるものみんな、楽しく幸せにしているからです。妖精たちだけではありません。小川はいつもはしゃいでいて、岸のあいだではねては、くすくす笑っています。風は木のあいだをすりぬけながら、楽しそうに口笛をふいているし、お日さまの光はやわらかい草の上でかろやかにおどっています。スミレなどのいろんな花は、草のおうちの中から空…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko