えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

石器時代総論要領
せっきじだいそうろんようりょう
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「日本考古学選集 2 坪井正五郎集―上巻」 築地書館
1971(昭和46)年7月20日
初出「日本石器時代人民遺物発見地名表」東京帝国大学、1897(明治30)年6月
入力者Nana ohbe
校正者しだひろし
公開 / 更新2008-11-13 / 2016-02-02
長さの目安約 12 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

○石噐時代トハ石時代ト直譯スベキ歐羅巴語ノ意譯ニシテ、石ヲ以テ利器原料ノ主要ナルモノトナス時代ヲ云フ。
○石時代ト稱スベキモノヽ存在ハ今ヨリ凡六十年前「デンマルク」及ビ「スウエーデン」ノ學者ノ考定セシ所ニシテ、此名モ彼等ニ由リテ始メテ用ヰラレタルナリ。
○考古學上ノ三時代トハ石時代、青銅時代、鐵時代ノ事ナルガ、青銅時代、鐵時代ノ二ツノ稱ヘハ今ヲ距ル二千六百年前「ヘシヲツド」既ニ之ヲ使用セリ。
○人類墮落説ハ古代「ギリシヤ」人ノ唱ヘシ所ニシテ、「ヘシヲツド」ハ墮落ノ順序ヲ五期ニ分カチテ歌ヘリ。
第一期ハ金時代。此時代ノ人民ハ無邪氣ニシテ、幸福多ク、病苦老衰ヲ感ズル事無クシテ死セリト云フ。
第二期ハ銀時代。此時代ノ人民ハ快樂少ク、生命短ク、老衰ヲモ感ジタリ。此人民ハ敬神ノ心乏カリシヲ以テ、「ゼウス」神ノ爲ニ絶ヤサレタリト云フ。
第三期ハ青銅時代。此時代ノ人民ハ「ゼウス」神ガとねりこノ木ヨリ造リ出ダセルモノニシテ、青銅ノ家ニ住ヒ、青銅ノ武器ヲ以テ爭鬪シ、青銅ノ農具ヲ以テ耕作セリト云フ。
第四期ハ英雄時代。此時代ノ人民ハ前時代ノ人民ニ比シテ氣質稍優等ナリシト云フ。
第五期ハ鐵時代。不正ナル事行ハレ、苦痛多シ。是「ヘシヲツド」ガ自身ノ住メル現世ヲ指シテ云ヘルナリ。
○五期ノ名稱中第四英雄時代ト云フノ他ハ皆金屬ノ名ニ由リテ時代ヲ區別セリ。金ト銀トハ全然形容ナレドモ、青銅ト鐵トハ半バ形容ニシテ半バ器具原料ヲ示シタルモノナリ。今日ニ在テハ銀時代ナル名稱ハ人ノ用ヰザル所ナレドモ、黄金時代或ハ黄金世界ナル名稱ハ形容ノ語トシテ行ハレ、青銅時代鐵時代ナル名稱ハ考古學上ノ術語トシテ行ハル。墮落説勢力ヲ失ヒタルモ是ニ附隨セル名稱ハ未ダ其跡ヲ沒セザルナリ。
○歐羅巴ノ古器物特ニ利器ノ原料ニ鐵ト青銅トノ別有ル事、及ビ鐵製利器ノ盛ニ行ハルヽニ至リシ前、青銅製利器ノ盛ニ行ハレタル時代有リシ事ハ古ヨリ人ノ知ル所ナリシガ、北部歐羅巴ニテ夥多ノ石製利器發見サルヽニ及ビ恰モ鐵器ニ先ダチテ青銅器ノ行ハレタルガ如ク、青銅器ニ先ダチテ石器ノ行ハレタル時代有リシナラントノ説起コレリ。之ヲ石時代ト云フ。此名ハ其形ニ於テ明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名ノ影響ヲ受ケタルナリ。
○三時代ノ前後ヲ示ス好例ハ「スウィッツァーランド」ノ湖ノ底ト「デンマルク」ノ※[#「土へん+尼」、44-下-16]炭層トニ於テ發見サレタリ。両所共上部ハ鐵器ヲ出ダシ、中部ハ青銅器ヲ出ダシ、下部ハ石器ヲ出ダセリ。此ニ於テ人類ハ石時代ヨリ、青銅時代ニ移リ、青銅時代ヨリ鐵時代ニ移リタルモノナリトノ説廣ク世ニ行ハルヽニ至レリ。然レドモ
○人類ハ必シモ三時代ヲ經過セズ。亞米利加土人中ノ或者、「アウストラリヤ」土人、「ニウギニヤ」土人、「アンダマン」土人等ハ石器使用中ニ開明國人ニ接シテ鐵器ノ用ヲ知レリ。一旦[#「一旦」は底本では「一且」]青銅器ヲ使用スルニ非…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko