えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ポランの広場
ポランのひろば
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「【新】校本宮澤賢治全集」 筑摩書房
1995(平成7)年11月25日
入力者岡本正貴
校正者石川友子
公開 / 更新2000-01-08 / 2014-09-17
長さの目安約 9 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

時、一千九百二十年代、六月三十日夜、
処、イーハトヴ地方、
人物、キュステ 博物局十六等官
   ファゼロ ファリーズ小学校生徒
   山猫博士
   牧者
   葡萄園農夫
   衣裳係
   オーケストラ指揮者
   弦楽手
   鼓器楽手
   給仕
  其他 曠原紳士、村の娘 多勢、

ベル、
人数の歓声、Hacienda, the society Tango のレコード、オーケストラ演奏、甲虫の翅音、
幕あく。
舞台は、中央よりも少し右手に、赤楊の木二本、電燈やモールで美しく飾られる。
その左に小さな演壇、
右手にオーケストラバンド、指揮者と楽手二名だけ見える。そのこっち側 右手前列に 白布をかけた卓子と椅子、給仕が立ち、山猫博士がコップをなめながら腰掛けて見てゐる。
曠原紳士、村の娘たち、牧者、葡萄園農夫等 円舞。
衣裳係は六七着の上着を右手にかけて、後向きに左手を徘徊して新らしい参加者を待つ。
背景はまっくろな夜の野原と空、空にはしらしらと銀河が亘ってゐる。
すべてしろつめくさのいちめんに咲いた野原のまん中の心持、
円舞終る。コンフェットー。歓声。甲虫の羽音が一さう高くなる。衣裳係暗をすかし見て左手から退場。
みんなせはしくコップをとる、給仕酒を注いでまはる。山猫博士ばかり残る。
山猫博士(立ち上がりながら)「おいおい、給仕、なぜおれには酒を注がんか。」
給仕、(周章てゝ来る)「はいはい、相済みません。座っておいでだったもんですからつい。」
山猫博士、「座っておいでになっても立っておいでになっても我輩は我輩ぢゃないか。おっと、よろしい。諸君は乾杯しやうといふんだな。よしよし。ブ、ブ、ブロージット。」
乾杯。山猫博士首を動かしながら歩き廻る。
ファゼロ続いてキュステ登場。
ファゼロ、「あ、山猫博士も来てゐるよ。」
キュステ「あれかい。山猫博士といふのは何だい。」
ファゼロ、「あの人は山へ行って山猫を釣って来て、ならしてアメリカに売る商売なんだ、こわいさうだよ。」
田園紳士 一、山猫博士と握手する。
「いや、今晩は。先日は失礼いたしました。」
山猫博士、「どうです、カンヤヒャウ問題もいよいよ落着ですな。」
紳士「えゝ、どうも大へんに不利なことになりました。」
(紳士云ひながらガラスのコップを二つ取ってファゼロとキュステに渡す。
 紳士教師のコップに藁酒をつぐ。)
「あなたには何をあげませう。」
キュステ、「さうだね、葡萄水をおくれ。」
給仕「さうですか、坊ちゃんも。」
ファゼロ「うん。」給仕注ぐ。
(山猫博士、紳士と盃を合せ、酒をなめ横眼で二人を見ながら云ふ)「どうも水を呑むやつらが来ると広場も少ししらぱっくれるね。」
紳士四「えゝ、何せまだ子供ですから、それにそちらはたぶんカトリックの信者でいらっしゃいますから。」
山猫博士、「あゝ、カトリックで…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko