えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

梅のにおい
うめのにおい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「夢野久作全集7」 三一書房
1970(昭和45)年1月31日
初出「九州日報」1924(大正13)年2月4~5日
入力者川山隆
校正者土屋隆
公開 / 更新2007-08-11 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 一匹の斑猫が人間の真似をして梅の木にのぼって花を嗅いでみました。あの枝からこの枝、花から蕾といくつもいくつも嗅いでみましたが、
「ナアーンダ、人間がいいにおいだ、いいにおいだと言うから本当にして嗅いでみたら、つまらないにおいじゃないか。馬鹿馬鹿しい、帰ろう帰ろう」
 と樹から降りかかりました。
「ホーホケキョ、ホーホケキョ」
「オヤ、鶯がやって来たな。おれは一度あいつをたべてみたいと思っていたが、ちょうどいい。ここに隠れてまっていてやろう」
「ホーホケキョ、ホーホケキョ、ケキョ、ケキョ、ケキョ、ケキョ、ケキョ」
 と言ううちに鶯は、斑のいる梅の木のすぐそばにある梅の花のたくさん開いたほそい枝の処へ、ヒョイととまりました。
「鶯さん鶯さん」
 と猫なでごえで呼びかけました。
「オヤ斑さん、今日はいいお天気ですね」
「ニャーニャー、ホントにいいお天気ですね。それにこの梅の花のにおいのいいこと。ほんとにたべたくなるようですね」
「オホホホホ、イヤな斑さんだこと。梅の花においしいにおいがしますか」
「ええ、梅のにおいをかぐとおなかが急にすくようです。あなたはどんなにおいがするのですか」
「あたしはねえ、梅のにおいを嗅ぐと何とも言えないいい心持ちになって、歌がうたいたくなるのです。そうしてあちらこちらと躍りながら飛びまわりたくなるのです」
「ヘエ、さようですかね。そう言えばあたしも何だか踊りたくなったようです」
「まあ、おもしろいこと。一つおどってみせてちょうだいな」
「いいえ、あたしはあなたの着物のにおいを嗅いだら一緒に踊りたくなったのです、本当にあなたのにおいを嗅ぐといいこころもちになります。どうです、一緒に踊ろうじゃありませんか」
「いやですよ。あなたと踊るのはこわい」
「何故です。ちっとも怖い事はないじゃありませんか。もっとこっちへきてごらんなさい」
「イヤですよ。妾のにおいを嗅いで踊りたくなったと言うのは嘘でしょう」
「どうして」
「たべたくなったんでしょう」
 と言ううちに鶯はパッと飛げ出しました。
「しまった」
 と斑が飛びつきますと、ドタリと地べたへ落ちてしまいました。
「ホーホケキョ、ホーホケキョ」
 と鶯は隣のうちの梅の木で鳴いていました。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko