えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

二人の男と荷車曳き
ふたりのおとことにぐるまひき
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「夢野久作全集7」 三一書房
1970(昭和45)年1月31日
初出「九州日報」1923(大正12)年11月27~28日
入力者川山隆
校正者土屋隆
公開 / 更新2007-08-08 / 2014-09-21
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 昔ある処に力の強い、何でも上手の男が二人おりました。二人共知らぬ者がない位名高かったのですから、どちらがえらいかわかりませんでした。
 ある日二人は往来で出会うとお互いに自慢をはじめましたが、ただ口で言っただけではわからないので、とうとう決闘をする事になりました。
 二人はピストルを持って来て撃ち合いをはじめましたが、どこを打っても弾丸が途中で打つかってどっちにも当りません。
 次には剣を持って来て斬り合いましたが、打ち合うたんびに剣が折れて斬り合うことが出来ません。
 二人はとうとう取り組み合いをはじめましたが、どちらも力が同じように強いので、取り組んだまま動く事が出来ません。そのうちに日は暮れるしおなかはすくし、二人とも疲れてイヤになって来ましたが、負けるのが口惜しいからやめる訳にゆきません。とうとう二人共閉口して一時に、
「助けてくれイ」
 と叫びました。ちょうど空車を曳いて傍を通りかかった男は、ビックリして車をとめて、
「どうしたのですか」
 と尋ねました。
 二人がはじめからの事を話しますと、荷車曳きはため息をして、
「それは大変です。ではこうしたらどうです。私がお弁当を上げますからそれを二人で食べて、それから私についてお出でなさい。そうしたらうまく勝負をつけて上げます」
 二人は喜んでお弁当をたべて、荷車曳きについて行きました。
 荷車曳きは二人を連れて市場に行くと、いつもの倍もその上に荷物を積んで、二人に言いました。
「この車のあとを押して下さい。先に疲れた方が負けです。私が審判官になります」
 二人は一所懸命に押しました。それから何里も行くうちに二人はもう死にそうにつかれましたが、それでもやっとこさ向うへ着きました。
 荷車曳きはいつもの倍もある荷物を売って、お金を沢山に儲けました。
 荷車曳きは二人にお礼を言って、行こうとしました。二人は驚いてひきとめて、
「一体どちらが勝ったのだ」
 と尋ねました。
「どちらも負け勝ちなしです。負け勝ちがつけたいならば、明日も一ぺん今日の処へいらっしゃい。そうしても一ぺん車のあとを押して下さい」
「馬鹿にするな」
 と二人は怒りました。しかし荷車曳きは平気で笑いました。
「私は、あなたがたが往来に棄ててお出でになる無駄な力を拾っただけです。お二人の力をこんな方に使ったら、馬を一匹養うよりもずっと役に立ちます。勿体ない事です」
 二人は恥かしくなってコソコソ逃げて行きました。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko