えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

落とした一銭銅貨
おとしたいっせんどうか
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「ごんぎつね 新美南吉童話作品集1」 てのり文庫、大日本図書
1988(昭和63)年7月8日
入力者めいこ
校正者もりみつじゅんじ
公開 / 更新2003-01-07 / 2014-09-17
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 雀が一銭銅貨をひろいました。
 雀はうれしくてうれしくてたまりません。
 ほかの雀をみると、
「ぼくおかねをもってるよ。」
といって、くわえていた一銭銅貨を砂の上においてみせてやりました。
 さて、日ぐれになりました。すこしくらくなってきました。
「や、遊びすぎちゃった。これはたいへんだ。」
と雀は、一銭銅貨をくわえて、おおいそぎで水車小屋の方へとんでいきました。この雀は水車小屋ののきばにすんでいたのでありました。
 まだ水車小屋につかないまえ、はたけの上をとんでいたとき、あまりあわてたので、雀は銅貨を落としてしまいました。
「や、これはしまった。」
 けれどあたりはもう暗くて、雀の目はよくみることができなくなっていたので、
「あしたの朝さがしにこよう。」
といって、そのまま水車小屋の巣にかえりました。
 その夜はたいへん寒かったので、雀はかぜをひいてしまいました。
 それもそのはず、雪がどっさりふったのでありました。
 雀はかぜがなかなかなおらないので、まいにち藁の中にくるまって、落とした一銭銅貨のことを思っていました。
 やがて雀はよくなりました。そこで一銭銅貨をさがしにいきました。
 まだ雪ははたけの上につもっていました。
「わたしの、わたしの一銭銅貨、この下にいるのかい。」
と、雀は雪の上からききました。
 すると雪の下から、
「いえいえ、ここにはありません。」
とだれかがこたえました。
 雀はまたべつのところへいって、
「わたしの、わたしの一銭銅貨、この下にいるのかい。」
とききました。
 するとまた雪の下から、
「いえいえ、ここにはありません。」
とこたえました。
 雀はあちらこちらとたずねてあるきました。
 するととうとう、
「はいはい、ここにありますよ。雪がとけたらおいでなさい。」
とこたえました。
 雀は雪のとけた日にまたはたけにやっていきました。銅貨はちゃんとありました。
 みるとはたけにはいっぱいふきのとうがでていました。銅貨のあるところを雀におしえたのはこのふきのとうだったのでしょう。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko