えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

五月晴れ
さつきばれ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集6」 岩波書店
1991(平成3)年5月10日
初出「週刊朝日 第二十三巻第二十六号(初夏特別号)」1933(昭和8)年6月1日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-08-15 / 2014-09-16
長さの目安約 22 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

[#ページの左右中央]


大庭悠吉  三十一
同 空子  二十三
女中かな  二十
児玉的外  五十六
同 初男  十
新聞配達  二十一


[#改ページ]

五月末の日曜日昼近く
東京郊外のどんづまり
大庭悠吉の住居――新しい文化住宅
舞台正面は座敷の縁、二階から突き出た露台。庭を距てゝ狭い道路
右手、庭の一隅に物置、その前を通つて勝手口へ廻れるやうになつてゐる。

女中のかなが、座敷の掃除をしてゐる。御用聞きの声らしく「今日は」
かなは台所の方に向つて

かな  酒屋さんね、あゝ、今日はなんにもなかつたわ。
声  みんなお留守……?
かな  えゝ。旦那さんは昨日からずつとだし、奥さんも、昨夜遅くお出掛けさ。
声  何処へ行つたんだい、奥さんは?
かな  お里よ。ほら、神田なのよ、お里は、……。近頃、旦那さんとは、ろくに口も利かないのよ。昨夜も、また、旦那さんが帰つて来ないもんだから、たうとう、業を煮やして、「あたしや、陸坊を連れて里へ帰るからね、もしお帰りになつたら、さう申上げといておくれ」つて、あんた、十一時よ、もう……。それがさ、出掛けに、またかういふのよ。「万一、今夜お帰りにならなかつたら、あたし覚悟があるからね。いづれ、明日のお昼頃、様子を見に帰るけど、旦那さまには、お前からなんにもいふ必要はない。たゞ、朝でもお帰りになつて、あたしはつてお訊きになつたら、今朝出掛けたつていつておくれ。いざつていふ場合、こつちに弱味がないやうにしとくんだから……。わかつたかい。間違ふと承知しないよ」――かうなのよ。あたし、面喰つちやつたわ。旦那さんが帰つて来るまでに、奥さんが帰つてくれゝばいゝつて、さう思つてるとこよ。だつて、あたしが、嘘をついてさ、あとで、二人が仲直りをして御覧よ。こつちや、旦那さんに体裁が悪いぢやないの……。

この時、玄関の戸があく。かなは、急に口を噤み、台所へ目くばせをして玄関に出る。
主人、大庭悠吾が、折鞄を提げてはひつて来る。かながその後に続く。

大庭  奥さんは?
かな  あの……ちよつとお出掛けになりました。
大庭  どこへ?
かな  さあ、多分、東京へでございませう。
大庭  陸坊を連れてかい?
かな  はい。
大庭  いつごろ出掛けたんだ?
かな  えゝと……今朝ほどでございますけれど……。
大庭  今朝ほどはわかつてる。何時ごろだつて訊いてるんだ。朝早くか、たつた今か、それをいへばいゝんだ。
かな  只今何時でございませう。
大庭  今は十時だ。
かな  それぢや、九時ごろでございます。
大庭  ふうん……(あたりを見廻す)昨夜おれが帰らないで、またヒステリーを起したんだらう。
かな  いゝえ、別に……。お昼はどういたしませう。
大庭  何がある?
かな  昨晩のお煮つけが残つてるきりでございます。
大庭  そんなもん、…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko