えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

空の悪魔(ラヂオ・ドラマ)
そらのあくま(ラジオ・ドラマ)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集6」 岩波書店
1991(平成3)年5月10日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-08-15 / 2014-09-16
長さの目安約 22 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

[#ページの左右中央]


酒井欽蔵   (四十八)
妻 いく   (四十五)
娘 加代   (二十四)
息子 鉄蔵  (十八)
娘 美代   (十六)
店員 庄市  (三十)
  其他


[#改ページ]

解説  東京山の手の裏通りに、さゝやかな店を構へてゐる時計商、酒井欽蔵の一家、物語の中心はこの一家であります。帝都は既に敵機襲来に備へて、警戒管制が敷かれてゐるのです。蒸し暑い真夏の夜のことです。

店先に並んだ大小幾十の時計が一斉に時を刻んでゐる。やがて、オールゴール入りの眼覚し時計が平和なメロデイを奏ではじめる。これは、今、主人欽蔵が店先で修繕をしてゐるのだ。
奥の部屋で

妻いく  こんな晩に、仕事をする人つてあるか知ら……全く変りもんだよ、お父つあんは……。
娘加代  鉄ちやん、もう起しといた方がよかない? 若しか、急に出て行くやうなことがあると、晩御飯も食べないぢや、お腹を空かすわよ。
いく  さあ、お腹もお腹だけど、昨夜からあの通り眠つてないんだからね。お握りでもこさへといてやらうよ。
加代  なんだか元気がなささうなんだもの。いやだわ、あたし。かういふ時は、もつと勇ましさうにしてゝくれなきあ、張合がないぢやないの。
いく  そこへ行くと、兵隊に行つてただけあつて、庄さんなんかきびきびしたもんさ。まるで、お祭へでも出掛けるやうな……。
加代  さうよ、あれも普通ぢやないけど、鉄ちやんみたいにしてると、人が変に思ふわね。臆病なんだと思はれてよ。
いく  臆病かね、あれで……。
加代  ほんとはどうだかわからないわ。十八の子供にしちやあれで、なかなか図太いところがあるんだけど……五円のお小遣ひきりで、北海道を一とまはりして来るなんて、ちよつと出来ない芸当よ。
いく  (突然、頓狂な声で)あゝ、びつくりした。いやな美代ちやんだよ。そんなもの、今頃からくつつけてどうすんの。
娘美代  (防毒マスクをつけた声で)兄さんのをちよつと借りたのよ。これをつけて、毒瓦斯の中へ飛び込んで行くんだわ。重いわよ。
いく  また、兄さんに叱られるから……。
美代  (マスクを外して)ほんとに戦争あるの。嘘見たいでしやうがないわ。お父つあん、だつて、あんな平気な顔してお店に坐つてるぢやないの。
欽蔵  (はじめて)お美代……。
美代  なあに?
欽蔵  鉄蔵を起して来い。
美代  よく眠てるわよ。
欽蔵  いゝから起して来い。

時計のねぢを巻く音。オールゴール。
美代が階段を走り上る音。

美代  兄さん。
鉄蔵  …………。
美代  兄さんつたら……。
鉄蔵  …………。
美代  可哀さうね。こら、兄さん、起きるのよ。
鉄蔵  (飛び起きたらしい)
美代  あら、そんなに吃驚りしないだつていゝわ。
鉄蔵  畜生……。
美代  お父つあんが起して来いつて云ふんだもの…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko