えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

あの星はいつ現はれるか
あのほしはいつあらわれるか
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集5」 岩波書店
1991(平成3)年1月9日
初出「令女界 第十巻第三号」1931(昭和6)年3月1日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2008-04-13 / 2014-09-21
長さの目安約 11 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

     一

葉絵子は父の書斎に呼ばれました。
父は生物学者です。今、調べものゝ手を休めて、葉絵子の方に向き直りました。

父  まあ、そこへお坐り。
葉絵子  また、お煙草の煙でいつぱいですわ。
父  窓をあけると寒いからね。少し我慢をおし。
葉絵子  御用つて、なんですの。
父  葉絵子は、今年、幾年になつたんだつけな。
葉絵子  あら、いやだ、そんなこと御存じないの。
父  念のため訊いてみるんだ。返事をおし。
葉絵子  十八ですわ。
父  十八だらう。さうすると、うちのお祖母さんがこのお父さんを生んだ年だ。
葉絵子  知つてますわ。
父  お前は、何時になつたら赤ん坊を生むんだい。
葉絵子  いやなお父様ねえ、お嫁に行かなくつちや、赤ん坊なんか生めやしませんわ。
父  葉絵子は、お嫁に行くときまつてるのかい。
葉絵子  きまつてやしませんけれど……。
父  お嫁に行くとすれば、どういふ人のところへ行きたい?
葉絵子  そんなこと、まだ考へてませんわ。
父  今、考へてごらん。
葉絵子  急に考ろつておつしやつたつて、無理ですわ。
父  無理なもんか。そんなことは、もうそろそろ考へておかなけれやいかん。そんならわしから訊くが、家へ遊びに来る若い男たちのうちで、この人ならと思ふ人があるか。
葉絵子  こつちでばかりさう思つても、しやうがありませんわ。
父  なるほど。では、向うでもさう思つてさうな男がゐるかい?
葉絵子  そんなこと、どうだか知りませんわ。
父  ほんとだね。
葉絵子  ほんとですわ。
父  よし。そんなら、今のうちに云つといてやるが、近頃一番度々やつて来る大隈といふ男ね。
葉絵子  欽一さんのことでせう。
父  あの男は、もうぢきお前に結婚を申込むよ。
葉絵子  ……。
父  どういふ方法で申込むか知らんが、兎に角、今、お前の心を試してゐる最中だ。こつちが少しでも油断をみせたら、すぐにそれに乗じやうと待ちかまへてゐる。こんな風に云ふと、お前にはわからんかも知れんが、お前があんまり馴れ馴れしくすると、それをいゝことにして、向うでもだんだん馴れ馴れしくして来る。そのうちに、あの男の云ふことを、お前はいやだと云へなくなるんだ。いゝかい。そこが大事なとこだ。相手さへ立派な男ならそれやかまはんさ。ところが、あの大隈といふ男は、お父さんの眼鏡ちがひで、性質と云ひ、才能といひ、どうも感服できないところがある。今更、来るなとも云へんが、お前にとつては一番危険な人物だ。お世辞もいゝし、風采も学生らしく小ざつぱりしてゐるし、麻雀やトランプは上手だし、うつかりすると、お前なんか、それだけで、好きになりさうな男だ。ところが、あの男の欠点は、第一に見栄坊といふことだ。することに裏表がある。知らないことでも、知つてゐるやうに見せかける風がある。これは、ある程度ま…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko