えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

女人渇仰
にょにんかつごう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集7」 岩波書店
1992(平成3)年2月7日
初出「文学界 第三巻第七号」1949(昭和24)年9月1日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-11-09 / 2014-09-16
長さの目安約 31 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

舞台は黒幕の前、左手と右手にそれぞれ室内を暗示する簡単な装置。中央は街路。照明の転換によつて、この三つの部分が順々に利用される。
最初は、中央の街路上に二つの人影。

老人  ひとりつきりになつたね。
少女  おぢいさんは、さつきから、なにしてるの?
老人  なんにもしてない。歩いてゐるだけだ。お前が、そこに立つてるのとおなじさ。
少女  あたしたちは、たゞ立つてるだけぢやないわ。誰かしらに用事があるんだわ。
老人  なるほど、あんなに多勢ゐたお前の仲間は、みんな誰かしらとどこかへ行つてしまつた。お前はどうしていつまでもこゝにゐるんだい?
少女  わかつてるぢやないの。誰もあたしと一緒に行かうつていはないからよ。うそだわ。ひとりゐたわ。でも、あたし、いやだつたの。こわいみたいな男だつたから。
老人  むろん誰とでもいゝつてわけにはいくまい。みんな自分でこれと思ふのを探してゐるぢやないか。当り外れはそれやあるだらう。お前が撰んだ相手は、あひにく、お前ではといふんだな。
少女  さういふもんよ。あたしはそんなに撰り好みはしない方だわ。日によるのよ。
老人  お前はおれのやうな年寄りでもかまはないか。
少女  いやだわ。おぢいさんはそんなつもりでゐるの。変つたおぢいさんね。いつまでもこのへんを往つたり来たりして、どうもをかしいと思つてたわ。どうしてもつと早く、好きなひとをみつけないの? それこそ話すだけ話してみたらいゝのに。おぢいちやんがいゝつていふひとだつてあるのよ。
老人  さうかね、さういふのは四十ぐらゐのお婆さんだらう。
少女  よく知つてるのね。四十六のひとがゐてよ。ついさつきまでゐたわ。でも、おぢいちやんが好きだつていふのは、ほかのひと、若いひとよ。まだ二十五よ。
老人  それはどうでもいゝが、さつきそのへんで、すれ違つた二人連れにはじめて声をかけられた。振り返ると、そのひとりが、「なんだ、おぢいちやんぢやないか」といつた。それにちがひないが、おれはちよつといやな気がした。
少女  気にすることないわ。勘ちがひしたのよ。ムダだと思つたのよ。
老人  ムダなこともあるだらう。ムダでないことだつてある。
少女  それで、おぢいさんは、今夜、あたしとつき合つてくれるの?
老人  どこまでのつき合ひができるか、お前さへ承知なら、行かう。おれはかういふ遊びははじめてなんだ。いくらあればいゝのかな。五千円しかないんだ。
少女  そんなにかゝらないわ。
老人  かうして一緒に歩いてゐると、家出をした孫娘を連れて帰るみたいだな。お前はいくつだ。
少女  十九。おぢいさんは?
老人  さあ、いくつといふことにしておかう。お前の家へ行くのか。
少女  家へは内証よ。すぐそこのホテルで部屋がかりられるの。こゝよ。ちよつと待つてね。さ、はいつていゝわ。
老人  なるほど。
少…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko