えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

日本品詞論
にほんひんしろん
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「折口信夫全集 12」 中央公論社
1996(平成8)年3月25日
入力者門田裕志
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2009-05-12 / 2014-09-21
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

      (一)語根
日本品詞組織の考察は動詞の解体からのを便利とする。先づ其の構造の基礎的要素として語根語尾の二部を対立せしめることに付いては、誰も異存の無いはずである。ところが、此の両者の結合の工合に両様の状態がある。
(一)語根×語尾
(二)語根+語尾
と云ふ風な体製を見るのである。(一)は語根と語尾とが融合してをつて二部に分つことの出来ぬもので、一見語原組織の交錯して居る様に思はれるまで熟してをる。此の場合今一つ語幹と云ふ立場を挿入して此の組織の交錯点を示す方法があるけれども、これは単に方便に過ぎないので、合理的の立脚地に立つものとは云ひ難い。
かく  おす  かつ
めづ  しぬ  いふ
くむ  たゆ  かる
の如き語は、此の類に属してゐる。勿論、此の中には単に語原的意識の明瞭ならぬだけの理由で、実際は(二)に含まれるはずのものもある事と思はれる。
(二)は語根と語尾とが比較的分離し易き関係にあるもので、観念表象の主要と其の属性的判断との結合点を伺ふ事の難くないものである。これにも、
(イ)語根+語尾
(ロ)語根+[#「+」は点線丸囲み]語尾
と云ふ両様の構造がある。(ロ)は勿論、(イ)なる第一形式の転化したもので、形式的に見ると、語根×語尾と云ふ(一)に非常に近くて、曲折的の傾向が明かに認められる。
なす(寝) いそはく(<務ふ) またく(<待つ) はやす(<栄ゆ) こらす(<懲る) うがつ(<穿く) わがぬ(<曲ぐ) おさふ(<圧す) たゝかふ(<叩く)
これを又形式上から見て、
(A)語根が単に原形の音韻をかへただけのもの
(B)語根が其の原形なる言語の属性の部分観念を表象するために、故意に音韻をかへたものと思はれるものゝ接尾語に結びついて特殊の概念を構成したもの
との二つがある。
内容の上からも亦、
(C)語根語尾の融合により文法的属性の変化を示すもの
(D)時間観念を増加して言語情調を変ずるもの
との二種がある。
(A)は無意識的に音韻の変化したものであるが、(B)は故意に文法的属性を形にあらはしてそれに接尾語を呼んだものである。共に今日では、明瞭な語原意識が浮ばないから判然と断言する事が出来ないが、ともかくも此の二つの範疇が根底に横たはつてゐることは疑を入れない。
例へば、単に(u)で終る原形が(a)と変じて語尾に接する如き、或は副詞法より語尾に続いたものと思はれるわかゆ(<わく)の様なのがあつて、一は全部属性の活動を現はし、一は其の部分的なものである。
前者の例は、かづらく・まくらく・かげるの類、後者の例は、かたぐ・あぎとふ・はらむの類。
後の者は概念の中で最も普通な差別観念が全内包を占て外延を収縮させ、属性的活動を特殊なものにせばめてゐる。
   [#挿絵]抽象語と語尾との粘着
形式上、体言として取扱はれるもので、まだ完全な概念を形…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko