えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

マイクロフォン
マイクロフォン
副題「新青年」一九二六年一一月
「しんせいねん」せんきゅうひゃくにじゅうろくねんじゅういちがつ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「国枝史郎探偵小説全集 全一巻」 作品社
2005(平成17)年9月15日
初出「新青年」1926(大正15)年11月
入力者門田裕志
校正者Juki
公開 / 更新2014-05-10 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 惣太物をはじめとして甲賀氏は近来の作にユーモアを織り込もうとし然うして織り込んで居りますが、私見を以てすればこのユーモアまだまだ洗練されて居りません。甲賀氏従来の特色は非常に複雑な筋を立て夫れを明快に率直に解剖するにあったようですが、その明快と率直とが洗練されていないユーモアのため濁されて居るように思われます。でユーモアをもっと洗練して貰うか乃至は一時引っ込ませて貰い度いのが私の希望であります。切角の甲賀氏の作がその洗練されていないユーモアのために安手に感じられるということは如何にも残念です。敢て苦言を呈します。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko