えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

マイクロフォン
マイクロフォン
副題「新青年」一九二七年五月
「しんせいねん」せんきゅうひゃくにじゅうななねんごがつ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「国枝史郎探偵小説全集 全一巻」 作品社
2005(平成17)年9月15日
初出「新青年」1927(昭和2)年5月
入力者門田裕志
校正者Juki
公開 / 更新2014-05-13 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 岡本綺堂氏推薦、デイピング原作といったような形式で訳されてあった五篇の翻訳は面白かった。純粋の創作家の鑑賞眼に選ばれた作以外によいもののあることを証拠立てている。図書館は毎号面白い。沢山の新聞雑誌からあれだけの材料を拾い出すのは並大抵の苦労ではあるまい。大庭武年氏の「小盗児市場の殺人」は面白かった。満州物を創作させたら今のところこの人が一番よいものを作るだろう。洋画バリエーションは色彩にもっと留意して貰いたい。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko