えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

マイクロフォン―雑感―
マイクロフォン―ざっかん―
副題「新青年」一九二五年一二月
「しんせいねん」せんきゅうひゃくにじゅうごねんじゅうにがつ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「国枝史郎探偵小説全集 全一巻」 作品社
2005(平成17)年9月15日
初出「新青年」1925(大正14)年12月
入力者門田裕志
校正者Juki
公開 / 更新2014-05-16 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


「新青年」はすべからく「探偵小説新青年」と斯う改題する必要がある。
            ×
 川田功氏の「砲弾を潜りて」は、日本のあらゆる戦争文学の中、第一位に置かる可き名作であった。「尼港の怪婦人」に至っては、遺憾ながら稍落ちる。
            ×
 小酒井不木氏は「手術」を書いて、素人の域から飛躍した。しかし「遺伝」に至っては、学者の余技たる欠点を、露骨に現わしたものである。「犯罪文学研究」は、西洋物ほどには精彩がない。
            ×
 近代文学とは如何なるものか? 反逆性ある文学である。日本の探偵小説家に、反骨の無いのはウンザリものである。
            ×
 トリック、トリック! 解剖、解剖! これだけでは近代の探偵小説とは云えない。
            ×
 所謂刑事上の罪人なるものを、真の罪人と思い込んでいるのが、探偵小説家の悪い癖である。
            ×
 ウェルシーニンの「死の爆弾」を、喝采謳歌しないような、探偵小説家はヤクザである。さすがに前田河広一郎氏は、ウェルシーニンを認めていた。
            ×
 内容を変えることが出来なかったら、せめて型でも破ってくれ。日本の探偵小説家よ。
            ×
 活動写真の筋書のような、「近頃読んだもの」は無くもがなである。
            ×
 モーリス・ルブランはお喋舌りに過ぎ、ビーストンは高踏的、チェスタートンは固い道化で、ドイルは既に古くなった。
            ×
 手淫芸術、幇間芸術、日本の探偵小説家は、その製造に忙しそうだ。
            ×
 純芸術と称せられるもの、大方無気力の書斎芸術である。本当の巷芸術は、謂う所の大衆文芸である。そうして探偵小説は大衆文芸の一分派である。
            ×
 大衆文芸の大衆の意義は? 大は大勢の大であり、衆は民衆の衆である。そうして民衆とは第四階級の謂だ。果然大衆文芸とは大勢の第四階級の文芸ということになる。だが日本の探偵小説家で、ここ迄考えているものが果して幾人あるだろう?



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko