えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

人魂火
ひとだま
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会」 ちくま文庫、筑摩書房
2007(平成19)年7月10日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2007-12-11 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 これは私の父が、幼いころの気味の悪るかったことという、談話のおりにききましたことです。場処は通油町でした。祖母が目をかけてやっていた、母子二人世帯の者が、祖母の家の塀外に住んでいた、その息子の方のことです。母親という人は後家で通して来たので、名代の気丈なものだったそうですが、ある夜、もうかれこれ更けて、夏の夜でしたが、涼み台もしまおうという時分に、その後家の家の軒前へ人魂がたしかに見えたと、近所の者が騒ぎだしたのです。私の父も見たともうしました。するとその母親が、息子が留守だと思って馬鹿にすると、大変家のなかから怒ったそうで御座いました。それでその折は過てしまったのでしたが、翌朝になると祖母の処へ、その母親が顔色をかえてきて言うには、昨夜あれから間もなく、外で大変な風の音がしたと思うと、仏壇の位牌もなにもかも、みんな倒れました、それがいちどきにでしたから気になって、夜の明けるのを待兼てそこらを見ますと、息子の大切にしていた鉢植――盆栽ものが、みんな倒ている。そればかりならまだしも、大きな音がして戸へもののぶつかった窓から、仏壇へゆく途のものは、なにもかもみんな倒れているというので、母親は息子の帰らないのを、大変気にして祖母のところへ来たのですが、息子はいつも夜どまりをしつけているので、まさかとは頼みにもしていたのですが、ところが直近所の料理店へ、例も来る豆腐売りがぼんやりと荷物ももたずに来て、実は昨夜、御近所の何さんに浜町河岸で、私が夜網にゆく道で逢ったところが、なんでも一所にゆくというので出かけて、だんだん夜が更けてから、ふと気がつくと、今までそこに立って網をもっていた何さんの姿がなくなっている。どうした事かと一生懸命に呼びもしたり、探ねあかしたが、かいくれ行方がしれぬので、まったく死んだのか、それとも自分がどうかしているのかと思って、お宅まで問合せに来たと語ったのから、大騒ぎになったともうします。全く水に落て死んだので、その日死体があがったと言います。父が見に行きました時、下むきになっていましたが、丁字髷は乱れて、小肥りの肩から、守袋の銀ぐさりをかけていたということで御座います。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko