えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ノンシャラン道中記
ノンシャランどうちゅうき
副題04 南風吹かば ――モンテ・カルロの巻――
04 みなみかぜふかば ――モンテ・カルロのまき――
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「久夫十蘭全集 Ⅵ」 三一書房
1970(昭和45)年4月30日
初出「新青年」1934(昭和9)年4月号
入力者tatsuki
校正者伊藤時也
公開 / 更新2009-12-16 / 2014-09-21
長さの目安約 28 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 一、天機洩らすべからず花合戦の駆引き。駘蕩たる紺碧の波に浮ぶ、ここは「ニース突堤遊楽館」の華麗なる海上大食堂。玻璃張りの天蓋を透して降りそそぐ煦々たる二月の春光を浴びながら、歓談笑発して午餐に耽る凡百の面々を眺め渡せば、これはさながら魑魅魍魎の大懇親会。凝血腸詰をほおばる天使長ガブリエル、泰然と大海老を弄る馬糞紙製の小豚、羮をふき出す青面黒衣の吸血鬼、共喰いをする西洋独活、呂律のまわらぬライン葡萄酒の大樽、支那茶を吸い込む象の首、――飲むさ喰うさの伴奏には、謝肉祭の山車の品定め、仮装行列の趣向の月旦、祭典競馬の優勝馬の予想、オペラ座にて催される大異装舞踏会の仮装服の相談、ヴェニス王女の御艶聞、イヴァン・モジュウヒンの御挨拶の前景気、と、いつ果てるともみえない鴉舌綺語。さるにても、季節中の魅惑たる花合戦、花馬車競技も、もはや旬日の間に迫ったることとて、衆口談柄は期せずしてその品隙に移って行く。
 花馬車品評会とは謝肉祭中の大呼物、贅沢中の贅沢、粋と流行の親玉。名花珍草をもって軽軻を飾るに趣向をもってし、新奇を競い、豪奢を誇り、わずか数時間のお馬車の遊行に、数万法をなげうって恬然たるは常住茶飯事。合衆国河岸に雲集する紳士淑女と高価なる花束を投げ合い、さて軽歩して競技場に至れば、数十人の気むずかしき審査員は、花の取合せ、幻想の巧拙、搭乗者の雀斑の有無、馬の顔の長さまで詮索って、いずれも一点非の打つところなきを第一等として、金五千法と名誉の鞭を授与するほか、今年の優勝者は来年の謝肉祭に市賓として招待され、花馬車競技の会長たるの名誉をも与えようという華々しき規定ゆえ、素より金銭に糸目をつけぬ封侯富豪、我れこそは今年の一等賞を獲得して、金銭に換え難き光栄をいだき取ろうと、額をたたき顎を撫でて珍趣妙案の捻出に焦慮瘠身するも道理。[#挿絵]大人、今年の御趣向はもはや御決定になりましたか。ひとつ御披露願いたいもので。[#挿絵]ナニ、天機もらすべからずサ。実物を見たまえ実物を見たまえ。[#挿絵]閣下、今年はキャヴァリエールの方面までお手を伸されたそうですが、花畠の買占めはチト横暴ですナ。[#挿絵]先んずれば人を制すサ。貴公もおおいに戦略を用いて対抗するがよかろう。[#挿絵]御内室、今年のお馬車の標題は何と申しますネ。[#挿絵]はい、「天国の夢」と申します。素馨の天使にリラの竪琴を飾るつもりでございますヨ。[#挿絵]では、手前は一枚上手をいって、「地獄の番卒」とでもいたしましょうかネ。――喧々囂々、耳を聾するばかり。
 すると、ここに、海ぞいの窓ぎわに席を占めた男女二人の若き東洋人、満堂の噪聒乱語を空吹く風と聞き流し、[#挿絵]ナニ、花馬車の一等賞はこっちのものサ。と、ゆうゆうと冷凍菓子をすすっているのは、どうやら子細ありげな有様であった。
 やがて、午後一時四十分、ニースはラ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko