えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

歌舞伎とをどり
かぶきとおどり
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「折口信夫全集 22」 中央公論社
1996(平成8)年12月10日
初出「舞踊芸術 第五巻第六号」1939(昭和14)年6月
入力者門田裕志
校正者沼尻利通
公開 / 更新2013-05-28 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

東京と上方とでは舞踊家の態度が異つてゐる。東京の踊りは歌舞妓の歴史に関りを持つてゐるが、上方の舞ひは能から出てゐると言はれてるだけに、上方のは、そんなに踊りは芝居と密接な関係に捉はれてゐないのだ。
東京だつて、歴史は歴史として、もつと役者の舞踊から自由になれないと言ふ謂はれはない。役者は専門を持つてゐる。舞踊家が極端に役者の踊りに随ふと言ふことは、舞踊家自ら源を涸らすことになる。
我々からすれば、能がゝりだとか、芝居がゝりでない方が踊りらしい気がする。だから、これでも踊りかと言ふ気のするものが多くて、踊り自身すら早くから不純なものになつてゐたのではないだらうか。
何と言つても現実がかうあるのだ。だから其から出発しての議論でなくては、と言ふ論法で、歌舞妓所作事を踊りの正道なものとするのなら、話は別である。事実、今のやうな組み合せで、芝居をくり返してゐるなら、歌舞妓芝居そのものをも滅することになりはすまいか。
今で言へば、東京に、舞ひの名手が役者に多い。菊五郎などはあれだけを歌舞妓に専念したら、どんな役者になつたらうか。あの人気の源になつてゐる踊りは、あの人の芸を蝕んでゐるものだと言ふことに気がつかない筈はないと思ふのだが。
又三津五郎に踊りが出来なかつたら、あの特殊な顔を以つて、もつと役者としての大をなしてゐるだらうに。踊りのために、実に其だけの役者と謂つた形になつて終つてゐる。此ほどあの人にとつて、気の毒なことはない。
歌舞妓と言ふものが、ひと頃問題を湧き立たせてゐたが、それは問題ではない。
当然歌舞妓自身で刈り取るべきであらう。歌舞妓が、歌舞妓発生時代から劇的要素を自由に伸ばさないやうにさした踊りと、平行してゐるのがいけないのだ。
そして歌舞妓芝居の景気の悪い時は、踊りでつなぐと言ふことが、いつも行はれるが、これは歌舞妓そのものから言つて悲しむべきことであるし、又踊りから言つても喜ぶべきことでない。歌舞妓と踊りは別個のものとして進んで行かなくては、どうしてもいけないだらう。
高級な芸術はさておいて――しかし踊りそのものもある点高級ではあるが――全体として民俗芸術と言ふものは、出たとこ勝負のものが積み重なつて大成してゐる。
新舞踊などについても彼此言ふだけの力はないが、これからのものはそんなのでなく、成算もなければいけないし、理想もなければいけないのだから、そこに周到な心がまへが望ましくなつてくる訣である。ほんの其場きりの鼻先思案見た様なものでは、どうにも間に合はないのだ。民俗芸術と新舞踊とは違ふのだから。
新舞踊と言ふものに打たれたと言ふ感じがしないのは、深い内容がなく、単なる思ひ付きから出来たものが多いからではあるまいか。
我々は屡、古典舞踊の復興と言ふものを見せられるが、今に何の型も残つてゐないものを、復活してみせられたところで、其に信頼してゐる気がし…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko